たんぱく質摂取過多                        池澤 孝夫


「夕食のたんぱく質摂取過多」は、「食後2時間前後」から「軽度の血糖値の上昇」をもたらし、「追加インスリン分泌」が長時間続く。

 

「機能性低血糖症」を起こしやすい方が、「糖質制限食」を行って「ケト適応」しても「体調不調」がかえって表に出てくることがある。

 

「高たんぱく質食」で起こる「想定外の副作用」は、「就寝中」の「持続的」な「高インスリン状態」による「軽度の低血糖症」の可能性が高い。

 

「夕食」は「早い目」に摂取し、「低糖質・低たんぱく質・高脂質食」にすることで、「明朝」の「目覚」と「日中のQOL」を改善させる。

 

「たんぱく質」と「人工甘味料」の「追加インスリン問題」が「見えないところ」で「発生している」ことに気づいていないと、

「非糖尿人」と「2型糖尿病患者」にとっては由々しき問題」。

 

「高インスリン状態」では、「血糖値」がコントロールされていても、「病気のリスク」は「二乗に比例」して「増大」する。

 

日中は「脂質人」寝ている時は「中間人」が正しいと思います。

 

「インスリン分泌能亢進型」の方であっても「完全な糖質人」に入ってしまうと「むくみ」などの症状がでてしまいます。

 

したがって「インスリン分泌能亢進型」では「たんぱく質」で少しくらい「追加インスリン分泌」があっても「インスリンに対する感受性が低い」ため「たんぱく質の多い夕食」でも「害」はありません。

 

一方「インスリン分泌能低下型」では「ケト適応」していても「たんぱく質の追加インスリン」に「過度に反応」するため(インスリンの感受性が高い)」「安静状態(睡眠中)」とあいまって、一気に「糖質人」になってしまい「トラブルのもと(低血糖など)」になるのです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放