たましいの親切                    トンプソン 真理子


人間は、自分をどんなに与えきっても、どんなに人のためになっても、どんなに他を幸福にしてあげても、自分がそのために減ってしまうということは決してないのだ。

それどころか与えれば与えるほど、こんこんとしてわが生命は湧き出てくるのだ。

 

それは本来、わが生命は他の人の生命と一体(一つ)であるからだ。

他の人の喜びのうちに本当は自分の喜びを見るからであるのだ。

自己を与えることによってのみ自己は拡大する。

自己と他とは一体である。

それは一つの大生命から湧き出てきた生命の兄弟であるからだ。

 

他のために尽くすことは、結局自分のために尽くすことに他ならないのに、人間が直接自分に利害関係のないように見えることに働くことを、生命の浪費であるかのように思い、人のために親切であることを自分の損であるように思っているのは、自他を隔てている肉体の殻にとらわれているからだ。

卵の殻を割るように、自他を隔てている殻を破れ。そこに最も我々の魂にとって必要な養分が見いだされるのだ。

 

まだまだ多くの親切を人に与えよ。

まだまだ多くの称賛を人に与えよ。

まだまだ多くの生命を人に与えよ。

 

諸君よ、見えざる親切をすることを惜しいと思うな。

それは天に宝を積むことだ。

天に宝が積んである人は、自身がもし困るようなことがあれば必ず誰かが助けに来るものだ。

 

しかし、自分の困るときに助けてもらいたいと思って他に親切をするな。

それは消極的な考えだ。困るときが来るかもしれぬと予想することは、「困る時」を呼ぶことになるのだ。

 

与えるときは、ただ与える喜びのために与えよ。

与えるほど自分は成長する「生命」だという自覚を持ちながら与えよ。

与えることによって何ものも減るものではないという信念によって与えよ。

これがその人の成長の秘訣だ。

 

常に心掛けて、接する人々を少しでも喜ばすような行為をせよ。

一足の下駄をそろえるのも喜びであれば、揃えられる親切を受けるのも喜びである。

一枚のちり紙がなくて困っている人間を見出したら一枚のちり紙を与えよ。

下駄の鼻緒が切れて困っている人を見出したら、一筋の紐を与えよ。

にわか雨に困っている人には自分の傘の半分をその人に譲れ。

苦しんでいる人には親切な言葉をかけて力を与えよ。

少しでも接する人々の心を光明で輝くように導け。

失望している人には希望の言葉を投げかけよ。

会う人ごとに好意と親切とを撒いて歩け。

常に好意の微笑、親切の表情を撒いて歩け。

朗らかに相手の長所をほめよ。

これらは相手を幸福にするだけでなく、自分自身を幸福にする道であるのだ。

 

反対に、人の弱点をとらえるな。

欠点を見つけるな。

隠そうとしている秘密を暴くな。

イヤ味や皮肉を言うな。

あまりに犀利な批評を浴びせかけるな。

病人に失望するような言葉を語るな。

苦しんでいる人を失意せしめるようなことを言うな。

暗い表情をするな。

猜疑の眼をもって人を見るな。

人を排斥するな。

軽蔑するな。

 

これらはみな誰にでもできる「親切生活」であるのだ。

多くの人間はパンにも飢えてはいるだろうが、「たましいの親切」にはいっそう飢えているのだ。

われらは刑務所へ行けばパンに飢えることはないとは知りながらも、刑務所へ行きたがらないのは、刑務所には「たましいの親切」がないからだ。

富豪の家庭などで少しもパンに飢えることがないにもかかわらず、夫人や息子が自殺したりすることがあるのも「たましいの親切」に飢えるからだ。

 

魂が親切に飢えるとき、人間はこの世に生きていられなくなるほどに寂しくなる。

かかる人間にとっては金や寿命などは、魂の親切さに比べると破れた瓦に等しいのだ。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放