ぎんなん                            森下敬一


ぎんなんはイチョウの実である。

この銀杏という植物は、「生きた化石」といわれるように、太古の姿のままで今日も生き続けている。大変な生命力をもった植物なのだ。

 

火事などで、木が焼けてしまっても、すぐ根元から芽が出てくるし、千年も経った木でも、ぎんなんをどんどん実らせる。

種には、その植物の生命力が凝縮されている。

 

昔の人達が、ぎんなんを珍重したのは、その驚異的な生命力にあやかろうとしたのであろう。実際、ぎんなんを常食していると体に力がみなぎってくる。

すぐれたスタミナ食品なのだ。そして生理的若返り効果も表す。

食物の薬効の本質を知るには、食品分析表に頼るよりも、このような自然哲学的な考え方をした方が、よほど確かなのである。

 

それはともかく、ぎんなんを多食すると鼻血が出る。

それはリン脂質の作用によるもので、強壮・強精効果をもたらす本体もこれだと思われる。

強い精力剤であるから食べ過ぎてはいけない。

 

中国の古い文献には、「白果(ぎんなん)を食うこと千個に実つれば死す」と書かれているそうだ。1000個などとんでもないことで、150粒くらい一度に食べると嘔吐や呼吸困難をおこす。

 

過ぎたるは及ばざるが如し、という言葉があるけれど、ぎんなんだけでなく食生活に関する限りは、過剰は不足よりはるかに有害だ。

というより「よい食物」を「少々不足気味」にとることがバイタリティを最高度に高める秘訣。

 

全身の組織機能が、その不足分を補うために懸命に働くからだ。ぎんなんを常食する場合は、1日に大人5~6粒、子供2~3粒が適当である。

 

そのぎんなんを焼いて、あるいは炒って食べると、セキやタンがとれ、肺の働きが強められる。これには微量に含まれる青酸配糖体の作用が関係している。

加えて、保温作用もあるので、夜尿症、頻尿にも卓効をあらわす。夜尿症の場合は寝る3時間ほど前に食べさせるとよい。

 

ナマのぎんなんは、加熱したものとは逆に、著しい利尿作用があり、淋病やこしけに特効的効果を表す。

新鮮なナマのぎんなん15粒を、水200ccとともにミキサーにかける。はちみつで味を調えて、空腹時に飲むと、1時間ほどで大量の尿が出る。

 

銀杏はすぐれた外用薬にもなる。

すり潰したものを塗ると、はれ物、皮膚病、ヒビ、アカギレに効く。これはぎんなんに含まれる蛋白分解酵素の作用によるもの。

 

ぎんなんの油付けを用いる民間療法が肺結核に効くのも、その酵素作用と大いに関係がある。蛋白質性の老廃物が体内に停滞していることが、肺結核の主要原因の一つだからだ。

ぎんなんの油付けは、ぎんなんを100日ほど、ごま油に漬けこんでつくる。これを適量、毎日食べ続ければ良い。

 

■ ぎんなんのオリーブ油漬蒸し

材料

・ぎんなん

・オリーブ油

・自然塩

 

<作り方>

①ぎんなんの薄皮をとり、オリーブ油漬けにしておきます。

②アルミ箔を広げて、オリーブ油漬けのぎんなんに、塩をふって包み、蒸します。

 

■ こんにゃくとぎんなんの串ざし

材料

・こんにゃく

・ぎんなん

・しょう油

・自然酒

・自然塩

・ごま油

 

<作り方>

①こんにゃくは、ゆでて1.5cmのサイコロに切り、ぎんなんは塩を入れてゆで皮をむきます。

②こんにゃくは、油で炒め、濃いめの醤油にからめておきます。

③ぎんなんは、油で炒め、自然酒、塩で煎りつけておきます。

④こんにゃくとぎんなんを好みの組み合わせで妻楊枝にさします。

 ※こんにゃくもぎんなんも味は濃いめにつけたほうが美味しく出来上がります。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放