がんを持ったまま生きる                     山中 圭子


「がんを持ったまま生きる」と「がんを抱えて仕事をする」は、実は別の問題だと、私は思っています。

 

「がんを持ったまま生きる」は、養生を重ねて、がんではあるけれど、それなりに楽しく生きている方のことだと思います。

 

ステージ4で治療でがんを取りきれず、おまけに再発して余命宣告をされてから、生きることに前向きになったという方を知っています。

退院後に、それまでしなかった散歩を始め、自然豊かな湖の周りを歩くことで生きていることが楽しくなり、それを日課にしたら、余命宣告をはるかに超え、時々悪化して入院することがあっても、「また歩きたいから」という理由だけで元気になり、今も崖っぷちを歩いていると笑いながら、散歩だけではなく好きな趣味を楽しんだり、積極的に人に会ったりして、「今日」という1日を豊かに暮らすことを楽しんでいる方がいらっしゃいます。

病気で早期定年をして退職後の余生・・・の感じですが、「がんを抱えて自分らしく生きる」という生き証人のような方だと思います。

 

「がんを抱えて仕事をする」は、仕事場ががんの発生源(悪しき生活習慣の舞台)になっている可能性があるという、とても重要な視点が必要です。

疲労感が無意識であっても、忙しさが生きがいであっても、心身がその環境に悲鳴をあげ、がんというSOS信号を出してきた・・・可能性は大きいと思います。

もちろん、家庭内のトラブルが最も大きなストレス源で、仕事場が憩いの場であった・・・という方もいらっしゃることでしょうが。

 

もしも「仕事が憩いの場」であるのならば、速やかな復帰はマイナスにはならないかもしれませんが、心身ともに衰弱しているので、今までの7割ぐらいでできる、さらに、それで納得できる仕事ならば、良いと思います。

体調配慮で配置換えになったことで、かえって鬱になる方もいらっしゃるので。

 

「仕事場が戦場」の場合は、まずはその仕事から離れることです。

何よりも優先しなくてはいけないのは、命です。

命を復活させる期間は、戦場はふさわしくありませんから。

何年も離れるのではなく、一年か二年、しっかり体づくりに専念することは、プロスポーツ選手の怪我後の復帰トレーニングと同じだと思います。

休むべきところで休み、すべきトレーニングやリハビリをきちんとすることで、その後も活躍できますよね。

そこを曖昧にして、早期復帰を焦ると、結果的に短い選手生命になります。がんの場合は、命の長さそのものに関わります。

 

焦らないことです。急がないことです。

 

仕事は、いつでもできますが、命は、2度とは手に入れられませんから。

どうしても仕事をしたいと思ったら、今までしたことがないジャンルのパートなどを、少しずつ体験したみたらどうでしょう。

 

世間が広がり、自分の未知な部分が開花するかも(^^)

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放