がんは「病氣」ではない                     斉藤 一治


がんは「病氣」ではなく「政策」です

 

昭和35年 がん死亡者93,773人

平成27年 がん死亡者 370,346人

 

このように、昭和35年から平成27年まで、約43年間で「がん死亡者」は3,95倍に増加しています。

 

恐ろしいことに、日本政府は、更に増大すると予想しています。

 

約43年間、政府は、10兆円単位のがん対策費を税金から投下しましたが、結局は、何もやってこないで、税金をドブに捨ててきただけです。

 

国立がん研究センターは2017年には、がん患者は約101万2000人になり、がん死亡は約37万8000人と予測しています。

 

がんに罹病する患者が増え続け、それに伴い、がん死亡者が増え続けいくとの「お告げ」です。

 

これほど、納税者・国民を愚弄することはありません。

 

船瀬俊介著「抗ガン剤で殺される」花伝社刊にある、筆者と厚生労働省・食品医薬品局審査管理課のK専門官とのインタビュー記事での

K専門官の「供述」から判明したのは

「国民の3人のうち一人が、国の政策である がん治療 で殺されている」という事実です。

 

「自然な療法のほうがガンを治す」(今村光一著1991年刊)から要約引用します。

 

OTA(アメリカ議会技術評価局)は1978年「医療技術の効果と安全性」とのレポートの中で、

「乳ガンの検査は検査自体が新しいガンを発生させている」と問題提起しています。

 

1990年12月、OTAが受け取ったNCI(アメリカ国立ガン研究所)からの公式文書には、

「当NCIが勧めている療法を含め、ガン治療に”証明された療法”などは存在しない」とあります。 

引用終了

 

これは、がん治療として行われている「手術」「放射線」「抗がん剤」のいわゆる三大治療は有効性がない、

つまり「効果」がないと「自白」したということです。

 

1985年、NCI(アメリカ国立ガン研究所)デビィタ所長は、 「抗がん剤で、がんは治せない」と、アメリカ議会で証言しました。

 

更に1988年NCIリポートで、 「抗がん剤は、ガンを何倍にも増やす増がん剤」であると断定しています。

 

これ受けて、1988年の日本がん学会でも、大問題となりましたが「白い虚塔」の中に封印されてしまいました。

 

少なくとも、この時点で、日本のがん研究者および医師は、 抗がん剤は「増がん剤」であり、

決して、がんを治すことは出来ないことを知っていたのです。

 

しかし、厚生労働省を頂点とする「官・大学・製薬・医療・保険・葬儀屋」共同体は、

数十兆円にも登る「抗がん剤市場」を死守して、その犠牲として「国民の生命を奪う」ことを選択しています。

 

結局、抗がん剤は、自然治癒力・免疫力に逆らい、自然治癒力・免疫力を低下させ、生命の死を促進させる「増がん剤」です。

 

これが日本の医療を認可し、指導・管理している監督官庁・厚生労働省の実態です。

 

無責任を通り越した、この残虐な「商魂」は、同共同体の本性です。

 

これからは、二人に一人が「がん治療」で殺される時代に入ります。

 

何のことはない、がんを早期に発見する「医療器械だけが、急速に進歩している」だけで、

「医学・医療」が進歩しているような「幻想」を与えて、患者という「お客様」を増大させているだけです。

 

つまり「早期に発見され、早期に殺されている」のが実情です。

 

がんは、放っておきますと、自然と終息していくものです。

 

何故か、それこそ、恒常性維持機能、自然治癒力・免疫力が働いてくださりまして、少し、時間を掛けながら「恒常性」を回復していきます。

 

これが生命です。

 

ところが、同共同体は、一人でも多くのお客様を囲い込むために、必要以上に病氣の脅威を拡大させております。

 

曰く、 

がんは難病だが「早期発見」すれば「早期治療」ができるから、必ず検査を受けなさい、と。

 

これに、うっかり乗ってしまいますと「早期に発見され」、受けなくても良い手術を受け、結果、自然治癒力が低下して、 

再発・転移して、今度は「抗がん剤で治療を」と言われて、泥沼に陥り、 

寝れ雑巾を絞るがごとく、絞り獲られた挙句「余命○か月です」との宣告を受けます。

 

この一連の流れが「政策」「国策」です。

 

「政策」に逆らい、早期に発見されても、放っておいたほうが長生きする確率は大いに高いのです。

 

「政策」と言うよりも「基本的な政策」です。

 

自民党から民主党に「政権交代」しましても「基本的な政策」は継続・維持されました。

 

更には、 

「食糧は国内で作るよりも海外から安い物を輸入すれば良い」 

「USAは同盟国なので、軍隊を駐留してもらい、核の傘下で抑止力となっていただく」なども「基本的政策」です。

 

勿論、「放っておく」と言っても、

このままではなく、

これまでの心を入換えて、食生活を改善するなど、根性を鍛え直さなければなりません。

 

この根性を鍛え直すことができない人は、病院のベットでモガキ苦しむしかありません。

 

同様に、根性を鍛え直すことができない国民は、奴隷として搾取され続けるしかありません。

 

がんの原因の約45%は「食」「食生活」であることは日本人であれば知っているはずです。

 

それでも、がんに罹病し、がん治療で殺されていく人がドンドン増えていきます。

 

「自分の命を自分で決められない」のは、最早、生命ではありません。

 

「自分の命は自分で決める」とは「天寿を全うする」まで生きることです。

 

全うする前に亡くなることは「不自然」であり、 生命に対する冒涜です。

 

ましてや「医療で殺される」のでは「自分の生命への無知」そのものです。

 

医師は、病氣を創り出すことはできますが、治せません。

 

医師は「寛解(かんかい」という言葉を「一時的に治った状態」の意で使います。

 

つまり、医師による「対症療法」という名の、 自然治癒力に逆らう「逆療法」で、 

「症状が一次的に軽減された状態」でしかありません。

 

このような言葉が存在すること自体、「治せない」「根治できない」証拠です。

 

つまり、医師は決して「治る」とか「根治する」とは言いません。 

それを言ってしまうと「詐欺師」になるからです。

 

結局、治せないのです。

 

彼らにとって「がんは死に至る難病」であり、同様に「風邪も難病」なのです。

 

医師は病氣の原因を知りません。

 

知っていますと、医師は罹病することはなく、がんにもなりません。

 

医師は「医学部」ではなく「病院経営学部」で学んでいるだけです。

 

もともと治せないし、根治してしまったら、医師は「商売」になりません。

 

そういう意味で医師は「死の商人」です。

 

ですから国民が「懲る」しかありません。

 

「幻想」から覚醒し、

病氣を治すのは、自分の生命が持っている「自然治癒力」だけであると自覚しなければなりません。

 

この「自然治癒力を高めるための処方箋を書く」のが、国家資格としての「医師」ではなく、自分の命を守る「医者」であり、 

一般国民(患者)は、これに従って、精進すれば良いのです。

 

自分が作った病氣は、自分でしか根治できません。

 

自分の自然治癒力を信じます。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放