病気は自分でを治すもの                      川嶋朗


今の西洋医学では、病気は根本的には治せないからです。

西洋医学は、文字どおり西洋人によって確立された医学です。

狩猟民族の医療ですから、目に見えるターゲットをやっつけるのは得意です。たとえば感染症なら、病原微生物というターゲットを叩けばいい。

がんなら、その病巣を外科手術で取り除けばいい。

 

言葉は悪いのですが、まるで壊れた機械を修理するように、人間の体を部品ごとに治そうとするのが西洋医学なのです。

もちろん、その技術で医療は格段に進歩をとげ、人の寿命は劇的に伸びました。

近い将来にはがんの特効薬も開発されることでしょう。

 

決して西洋医学を否定しているわけではありません。

 

けれど、暴飲暴食につける薬はないし、人間関係の悩みを手術で切り取るわけにはいきません。

せっかく根本原因がわかっても、西洋医学だけでは限界があります。

一時的に抑え込むだけで根本原因はそのまま放置では、がんはやがて再発してしまうでしょう。

 

そこで注目されはじめたのが、代替医療です。

 

代替医療の大前提は、人間を心と体がつながったひとつの命として、まるごと治療することです。

また、西洋医学のように、壊れた部品を修理する発想ではなく、自己治癒力を引き出すことで病気を内側から治していこうとするのが特徴です。

 

自己治癒力とは、体が本来もっている自分を治す力です。

自然治癒力と同じ意味ですが、私は、「病気は自分で治せるはず」の意味を込めて、あえて自己治癒力という言葉をつかっています。

たとえば冬の寒い日は身震いして体温を上げようとし、暑い日は汗をかいて体温を下げようとする。

 

 

このように、私たちの体には「ホメオスタシス=恒常性の維持」という、バランスが崩れてもそれを自力で元に戻すメカニズムが組み込まれています。

このメカニズムを支えるのが、免疫、代謝、自律神経、内分泌の働きです。

 

これらの機能が互いにバランスをとりながら次々と働き、自分で自分を修復し、健康な体に戻していこうとする。

体のなかでは1秒も休むことなくダイナミックな動きが繰り広げられているのです。

 

このことを「ホメオダイナミクス」と呼んでいます。

自己治癒力とは、この本来のホメオダイナミクスをとり戻すこと。

 

そして、医者や薬に頼らなくても、自分で健康になっていく力のことです。

 



がんは自分で治すもの!           がんを克服するための新常識


がんを克服するには、医学的療法だけでは克服できません。がんに罹らない体質になることががんを克服する秘訣です。

がんは必ず治ります。がんはあなたの生き方に対するメッセージです。これまでの生活習慣を見直し、からだにとって良いことをはじめましょう。

がんは必ず克服できます。

その信念と行動が、あなたの体質をがんに罹らないものにする唯一の方法です。

 

がんにかかると間違いなく手術、抗がん剤、放射線の3点セットの治療が施されます。

この治療によって確実にからだの免疫力は低下を引き起こします。

その結果、治癒力の低下につながり、快方に向かうどころか、副作用の苦しみ、さらには「死への早道」ともなりかねません。

 

なぜ、抗がん剤の効き目が悪いのかといえば、抗がん剤の使用によって、発生する活性酸素です。

活性酸素の中でも悪玉活性酸素が元凶となっています。

 

そこで、抗がん剤の効き目を高めるために、今度は「抗酸化作用」のある薬剤が使用されるのですが「弱った体」には、効き目も期待できず、さらに体に負担をかけ、遂には、細胞まで傷つけてしまうのです。

この結果、がん患者の直接の死因の8割は、抗がん剤の副作用といわれる羽目になるのです。

 

私たちは、自分の命を医者に100%任せるのではなく、可能な限り知識を収集して最善の策をとる必要があります。

 

がん治療に特効薬はありません。

がん治療は副作用のない、免疫力を下げないもの、からだに害のないものであれば問題ありません。「いいとこ取り」でいいのです。

がん治療の選択肢にはいろんなものがあります。

自分にあったものであれば、とにかく実行してみることが大切です。やりながら、じっくり考えても手遅れや失敗はありません。

 

 1.生活習慣の改善

 2.治すのは自分自身、医者は手助け

 3.体を冷やさない

 4.ストレスを軽減

 5.食事の改善

 6.適度な運動

 7.ありがとうで感謝

 8.笑いが一番、薬は二番

 9.栄養素の補給

10.がんばり過ぎない

11.非科学的療法

 

などはどれもお勧めです。まだまだ、具体的なものをあげればキリがありません。

とにかく、体にとって良いこと、自然治癒力の高まることを実践することです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放