からだの声を聞こう                      新発見BLOG


心とからだを切り離した生活が不幸を呼ぶ

 

「現代の生活は、とにかく何か物事に追われて、ゆっくりと自分と向き合う時間がない」と言われています。確かに、人は暇な時間を作ることに慣れていないというか、そういうのは “自堕落である” というような潜在意識が働き、常に何かをしようと動き回ってますよね。

 

しかし、自分とゆっくり向き合う時間がないということは、自分自身の健康、体と向き合う時間もないともいえるのです。

 

“ 自分のからだの声を聞く ” ことが、どれだけ自分の健康を保つことができ、自分らしさを持つことができる秘訣か、同時にこれほどまでに大事なことを現代に生きる殆どの人が忘れてしまっているかを気づかせてくれるのです。

 

❝ 一度からだを理解しはじめたら、苦悩の99%はあっさり消えてしまうからだに耳を傾けなさい。からだはあなたの敵ではない。からだが何か言っているときは、そのとおりにしてごらん。なぜなら、からだには独自の英知があるからだ。それを妨げてはいけない。マインドのトリップを続けてはいけない。❞

 

インドの思想家バグワン・シュリ・ラジニーシ(通称:OSHO)が、ここでからだの声を聞くことを説いた言葉の一部抜粋です。

 

彼は、インドのサンデー・ミッドデイ誌でガンジー、ネルーおよびブッダと共に『インドの運命を変えた10人のうちの一人』として取り上げられ、ロンドンのサンデー・タイムズ誌においては『20世紀の1000 人のうちの一人』として取り上げられたほどの人物です。

 

この言葉だけ聞くと宗教的な話になってしまいがちなのですが、東洋医学的な側面も持ち合わせた考えで、心身とも健康な人生を過ごす秘訣を語っているといえます。

 

肉体と心は同居しており、心(マインド)だけが先行した行動は慎み、もっとボディ・マインド・バランスを保たないと人間の体はおかしくなっていくという教えですが、なるほど頷けます。

 

現代人がいかに身体のことを忘れて、マインドだけで行動しているか、それによって身体の悲鳴やメッセージが送られていても気が付かない、無視しているか。結果、うつ病や病気などの精神的・肉体的な異常が多発しているのが現代社会です。

 

人間には からだ・マインド(心)・意識 の3つが一つになってはじめて心身ともに健康な自分、幸せな自分になることができるとOSHOは説きます。確かに、この3つを常にバランス良く保って生活している人って少ないですよね。

 

よくイライラしたり、将来への漠然とした不安、病気・死への不安など精神的に安定しない人が多いのは、この3つの調和が完全に崩れているからなのです。

 

まず自分が生きていける自分自身の体と大切な友となり、感謝し、労り、友達の声を聞いてあげることからはじめみてはいかがでしょうか。自分がこの世で生きていくことに新たな発見があるかもしれないですよ。

 

 

❝ 人々はからだと友だちになる方法を教えられる必要がある。

  からだは愛されなければならない。

  あなたは素晴らしい友だちにならなければならない。

  それはあなたの家だ。ガラクタで一杯の家を掃除すべきだ。

  そして、からだは来る日も来る日も継続してあなたに仕えている。

  あなたが一度もからだに感謝したことすらなく、ありがとうを言ったことがなくても、  あなたが生き延びるため、生きるためにあらゆることをしている ❞

 

 

 

あなたにとって健康とは

 

人間の最大の関心事は何と言っても「健康」ですよね。

しかし「健康」と一言で言っても人によって捉え方はいろいろです。

 

健康に気遣っても病気になる人もいたり、健康のことにあまり関心がないくせに病気になることばかりを恐れている人もいます。

 

本当の「健康」とは “病気にならないこと” であって、大事なことは健康になることを追い求めるのではなく病気にならないことを実行するべきなんです。

 

多くの人は、がんなどの大病になることにとても怯えています。そのため、健康になることばかりを追っかけている人は、間違った健康法に従事している人も多いのではないでしょうか。

 

でも、現代病(多くの人が引き起こすような病気)を防ぐこと=健康体を手に入れることは、実はそんな難しいことではないのかもしれません。

 

人間も単なる動物なのに野生動物にはかからない現代特有の病気に平気でかかってしまいます。それには様々な要因があると思いますが、主に3つの原因が病を引き起こすと考えられます。

 

サラリーマンの1日の生活からどれだけ体に害を及ぼしているのかを考えてみました。

 

起床 携帯電話(スマホ)のアラームで目を覚ます ←一晩中電磁波を浴び続けている状態。また慢性的な睡眠不足で起きるので心体に活力がない状態。

 

朝食 ←昨晩の酒や遅い晩ごはんであまりお腹が空いていないのに習慣で朝食をとる。食べるものも大抵は化学物質、添加物入りのもの。

 

出勤  満員電車に乗って会社へ ←電車の電磁波浴。ラッシュで毎朝時間的余裕もなく常にストレスの中で移動

 

勤務中 PCに囲まれた環境のオフィスで仕事。携帯電話(スマホ)でも通話←オフィス内では強力な電磁波を浴び続け、電話は脳へ電磁波をダイレクトに受ける。相手にもよるが会話でも何かしらのストレスを常に感じている。

 

昼食 忙しい時はコンビニかファーストフード ←これらの食事には大量の添加物か粗悪な原材料中心。ゆっくり食べる時間はないので、あまり噛まない早飯。

 

退社・帰宅 お酒を飲みに行く。そのあとはラーメンなども。←お酒とともに遺伝的組換え植物油をたくさん使った油物や大量の添加物で加工された粗悪な食材が中心の食事をとる。

家で食べる場合も食事が冷えているので電子レンジで温めた食事 ←電磁波を100%浴びた食事。加えて栄養素も一気に無くなる。

 

就寝 携帯電話(スマホ)で目覚ましセット ←電磁波あるいはWiFiの電波を受け続けて寝る

 

これを月曜~金曜まで週5日繰り返す。

 

 

病気の3大原因は「食事(添加物等の毒素入り食材)」「継続的で過度なストレス」「電磁波」であり、これが人間の体をかなりの割合で酸性化させる原因となっており、結果、免疫力が弱まり、病気になるのです。この3大要素は野生動物にはないですが、動物ではペットがそれにあたり、人間同様に現代病を起こします。

 

サラリーマンの生活はこの3要素が週5日びっしりつまっていて、年間労働日数にすると約240日はこのような病気になる体へと向いた活動をしているんです。それを40年近く繰り返すのです。

 

よく添加物は国の検査で定められた量のみ使われているので安全ということを言いますが、それは一つの添加物が体内に入った場合を言っているだけです。

 

朝から晩まで口に入れるものや皮膚から体内吸収するもの(上記の中には入っていないが、石鹸やシャンプー、リンス、整髪剤や化粧品などによる毒素皮膚浸透も)まで一体どれくらいのトータル毒量が毎日体内に摂取され続けているか分かっている人はいないのではないでしょうか。

 

様々な毒素が混合され体内に入っていく状態が毎日続いて本当に人は健康体を維持できると保証できるはずもありません。

 

そこにストレスや電磁波の影響による細胞機能の異常、免疫力の低下で添加物などの解毒作用が弱まる人もいます。また、年齢、体力差、ストレス過敏の差、解毒能力などは個人によって全く違います。それをひとくくりに体内に入った全毒素を万人が「安全」な量と言い切れる確証は絶対にないでしょう。

 

本当の人(動物)の体を理解すれば、野生動物のように現代人特有の疾病にかかることはあり得ませんし、とても元気な心と体でいられるはずなのです。

 

その根本を理解せずにサプリをのんだり、健康ジュースをのんだり、運動だけしたり、薬を飲んだりすることが「健康になること」だと思っている人が多いのではないでしょうか。

 

なぜ人間だけが現代病に悩まされるのかの本質を探ればすごくシンプルな答えがでてくるはずなのです。・・・でもそうはいかないのが今の世の中の仕組みなんですけどね。

 

出来る限りこの病気3大要素を減らすことが、病気にならないことであることに多くの人が気が付き、生活習慣を改めて健康体を手に入れて欲しいものです。

 

 

 

 

現代医療を避ける理由                        

             

知っていましたか?アメリカでは「代替医療」と呼ばれる現代医療を避けた医療法を選ぶ人は、保険に入っておらず高い医療費を払えない貧困層だけではなく、実は十分な資産を持ち、教養を受けている富裕層・エリート層が積極的であるということを。

 

富裕層がそうした選択に至るのは、もちろん対処療法の西洋医学の限界を感じていること(例えば様々ながん治療法や治療薬が毎年発表されても、年々がん患者や死亡者数は右肩上がりの状況である事実など)もありますが、統合医療の第一人者であるアンドリュー・ワイル医学博士の存在は外せません。日本ではイマイチな認知度かもしれませんが、アメリカでは有名な人です。

 

彼はもともとハーバード大の医学部の学生でしたが、現代医療は単なる対処療法では本当に人の体は治せないことを悟り、人間の体が奥底に持つ驚くほどの回復力(自然治癒力、細胞の再生力)があることを理解し、本質的な治癒法を追求します。

 

そして、心と体を含め総合的に病気の原因をみた「統合医療」を目指さないことには人は完全に治癒しないことを結論づけたのです。西洋医学の対処療法では本質的解決にならないことを世に示した訳ですね。

 

彼の考え方は、西洋医学によるマインドコントロールから抜けることが大事であることを暗に訴えています。

 

つまり、病気になったら病院にいけば医者が治してくれる、薬をくれる、という思考パターンをやめ、体に異常がでた理由を自分の責任として考え、原因を探り、人間が持っている自然治癒力を最大限活かすことをまず考えようと言っています。

 

また、人間の肉体は精神=心と共に存在しているので、病気を体の部位という視点で治療する西洋医療の考え方ではなく、食事、運動、睡眠、住環境、人間関係など生活の全てを総合的に捉えて対処することも重要であると訴えています。

 

それを踏まえて代替療法として鍼灸、漢方、ハーブ療法やアロマ療法、ホメオパシー療法などを用いて自然治癒力を最大化していくのです。

 

アンドリュー・ワイル博士は、健康を考えるならライフスタイルの改善、とりわけ食事は少食で加工・精製食品を避けた自然のままのシンプルな食べ物を摂る食生活の重要性にも触れています。

 

甲田光雄先生や石原結實先生が提唱して、昔からも言われている『腹八分目で医者いらず』、それに加え、ヨガ教義では『腹六分で老いを忘れる、腹四分で神に近付く』とある1日1~2食の食べない健康法の重要性を訴えているのです。

 

しかし、これまでのアンドリュー博士が提唱する殆どの内容ですが、特段新しい説ではなく、東洋医学に基づく昔からの考え方なんですよね。。。結局、人間は昔からある自然の力を使った治療法に勝るものはないという結論です。

 

富裕層・エリート層ほど現代医療だけに任せず、自分の健康に対してしっかり向き合い、セルフケアを怠りません。彼らはお金にかえられない一番大事なものが健康だと分かっているからです。

 

国民皆保険制度でかつ、保険適用は基本的に西洋医療だけという日本の社会の仕組みでは、代替医療に注目が行くことはないでしょうね。

 

残念ながらマインドコントロールされ思考停止状態で現代の社会制度に生きる多くの日本人は、アンドリュー・ワイル博士のようにこの本質部分を追求・理解することはないでしょう。

 

 

 

生命の源からみえてくる答えとは

 

あなたなら風邪をひいたり、体調が悪くなるとまず何をすることを思い浮かべますか?

1.市販の薬を買って飲む

2.医者に診てもらい処方される薬を飲む

3.家で何もせず静養する。良くならなかったら1か2を選ぶ

大体がこの3つの選択肢ではないでしょうか。

 

でも自分の体に不調を感じた時、あなたの頭のなかは勝手に「ここが痛い、悪いからここを治すために診てもらおう(薬をのもう)」という発想に頭がなりますよね?

 

つまり勝手に自分で「ここが悪い=ここが原因の元だからそこを治せば良い」と思っているんです。しかもたちの悪いことに、病院に行くと「あなたがご指摘の悪いと思っているところを治す(厳密には痛みや症状を和らげる)薬を出します」と薬局で処方してもらうことができてしまいます。

 

それを子供の時から繰り返していくうちにどこかが悪くなると、病院にかかると(あるいは薬を飲むと)治ると思い込むようになってしまっているんですね。

 

実際、症状が緩和されるので治った気になります。しかし、これはよく一般的に言われる『対処療法』ですので、体の本質的な部分は治せておらず弱い体のままで維持され、結局、またどこか悪くなるといういつまで経っても真の健康体にはならないことに気がついている人は少ないのではないでしょうか。

 

人間の体の神秘性は西洋医学では全くもって未だに解明されていません。つまりウィルス性の病気や内臓疾患、ケガや骨折などの外傷まで全て治すのは自己治癒のみで、薬が治しているのではなく、あくまで自分自身の力でしか人間の体は治せないのが現状なのです。

 

気力体力のなくなった自己治癒力のない人がいくら高い薬飲んでも効きませんし、場合によっては死んでしまいます。結局は自分自身の潜在的な回復力(治癒力)に頼らざるをえないということを知る必要があります。

 

そうすると自分の体を治すという真の意味(4つ目の選択肢)が自ずと見えてくるのではないでしょうか。

 

“人間は自然のなかで生命が宿っている生き物であり、自然界全てのものの中の一つにすぎない。従って人体の内部(器官・内蔵)も全てが自然とともに宿っている”

 

という原理原則があるんです。

 

ですので、臓器それぞれ役割が違えど、全て自然のもの(生命)として繋がっているので、どこか体の一部に支障が出ても人の体を全体でみます。

 

その「人の体をひとつ」として見た時に自然の生命を維持するために必要なのが、「気」「血」「水(リンパなどの体内分泌物)」で、この3つが自然の調和とあって正しく循環していれば正常な生命活動ができている=健康と考えるのです。

 

どこかの内臓が弱った場合も、西洋医学ならその内蔵だけを徹底的に検査して異常を探しますが、東洋医学なら体全体で捉え、その循環を正常に促すためのツボ、経絡に鍼灸を通して元の自然と調和のとれた健康な体に戻すのです。また、時に漢方薬を使ってその自然治癒力効果の促進を図るわけです。

 

人は自然が大好きです。これは人は自然の中に生命が宿っている東洋医学の考えに他ならないので、自然に反することをすれば自然破壊=自然生命活動の異常、つまり『病気』になるのは当然なんですね。

 

残念ながら現代人は自然界にはない物(加工食品、添加物、自然に育っていない畜産物、GMO食品、加工ジュース等)ばかりを飲食し、体中に毎日電磁波を浴び、自然ではあり得ない過度なストレスを感じ、体に異変を感じると自然界にはない化学合成物質の薬を飲むという自然界に反する行為ばかりをしています。

 

その結果が、がんをはじめとする現代病なのです。

 

元々『生命』は病になる為に自然界に宿っているわけではないので、人も自然との調和を図ることで生命力が増し、病気になること無く維持されるということなんですね。

 

繰り返しますが、自分の体を治せるのは自然治癒力のみです。東洋医学は人間の体は自然との調和を促し生命力(自然治癒力)を増す医療法であるという本質を理解すれば自ずとその重要性と合理性に気がつくはずです。

 

しかし、実態は・・・。不自然な食物の大量生産⇒大量消費⇒病人大量生産⇒医療品大量生産⇒大量病死 サイクルが今の世の中です。なぜ今の世の中はそうなっているのか、そこから何が見えてくるか、本気で考える必要がありそうです。

 

東洋医学の原理原則で人の体を本当に理解すれば、きっとこのほとんどの問題が解決されるでしょう。

 

 

 

西洋医学の歴史がすべてを物語る

 

人間は地球上で最も賢い生物と言われ、生態系の頂点に君臨していますが、こと「病」となると、野生動物よりも愚かな行為をしているのではないでしょうか。

 

その昔、人間も自己治癒力を促進するための医療行為が中心でしたが、いつの間にやら何かしらの毒薬を体内に摂取し、即効性の反応を期待する対処療法が主流になりました。

 

この西洋医学への転換期こそ我々が知らなくてはならない愚かな動物になった瞬間といえるでしょう。。

 

西洋医学はそもそも外傷や感染症の治療が原点なのです。

というのもその当時のヨーロッパは戦争があちこちで起き、怪我人が続出してました。西洋式の解剖学から人体への対処法が理解され始めたその時代、応急処置が必要なけが人を治せる外科技術=西洋医学は高く評価されてました。

 

18世紀のヨーロッパは外科依存から当時でいう“現代医療”が認められ大きくなっていったんですね。

 

また、その頃、ウィルスとか細菌という存在が発見されるようになり、これを何とかすれば感染病を防げるということでそこを科学的に追求する西洋医学が注目されました。

 

その当時流行した天然痘を突き止めてワクチンを大発明したとされるエドワード・ジェンナーは今でも医学史上に名を刻まれています。(これは実は全く効き目のない嘘っぱちのワクチンだったのですが、今でもその名残りでワクチン摂取=感染症の予防が可能という世界の現代医療の通説を作っているのです…。)

 

その頃の西洋医学というのは外科の応急処置において東洋医学では対処できなかった治療法で多くの人の命を救ったという事実がありましたが、実は欧米の中心的な治療法は、ナチュロパシー(自然療法)やホメオパシー(同種療法)が主流でした。

 

19世紀になると英国、米国に医師会の団体が設立しましたが、この頃もホメオパシー派は医師会の現代医療(アロパシー)派の2倍以上いたと言われています。

 

それが世に流行る結核やコレラをはじめとする病原菌に対するワクチン研究開発などいずれも科学的実証は何一つされてませんが、医師会の活動が活発化してきます。

 

ジョージ・H・シモンズ博士。彼はずっとホメオパシー派として多くの市民の治療を行っていた医師でした。その彼がいきなり自身のホメオパシーの病院を閉め、アロパシー(西洋医学)の正当化とホメオパシー、ナチュロパシーの弾圧に踏み切るのです。

 

そのやり方はお金を持った権力者からスポンサーバックアップを受け、そのお金で現代医療の宣伝を打ち、国家権力を利用した自然療法派の否定と弾圧を繰り返し、一気に大衆を西洋医療の道に導くことに成功しました。

 

また、その頃から少数の富裕層だけにしか医師の免許をとれないよう敷居を高くして医療制度の法制化が行われ、それ以降は西洋医学の絶対性を叩きこまれた医師を正道派として増やしました。その結果、自然療法派を数でも圧倒した完全なる西洋医学の勝利をおさめることとなります。

 

これは「自然療法=お金にならない治療法」から「現代医療=検査、薬で稼ぐ治療法」へと大きな転換をするクーデターに成功したことを意味します。

 

その昔、日本は東洋医学が中心とされていました。ところが明治維新の開国後から戦争に突入する日本は、ケガなどの応急処置に優れた西洋医学を積極的に取り入れます。そして最後の極めつけが戦後のGHQ占領時によって行われた西洋文化の導入政策です。

 

占領=市場独占ですので、GHQはアメリカの利益になるような政策を取り入れます。ドル箱市場の西洋医学へと完全移行していたアメリカは、日本も根強く医療文化としてあった鍼灸の東洋医学を排除、弾圧をし、積極的に西洋医学を取り入れていくことになります。そこで日本も完全なる西洋医学の絶対性を洗脳されてしまったんですね。

 

しかし、現代では西洋医学を広めたアメリカですらも時代の変化で代替医療や自然療法などが注目され拡大していますが、日本は西洋医療鎖国状態のままです。未だにその当時のまま(むしろ拍車がかかり)治療の選択肢は薬漬けの西洋医学一本に絞られていると言っても過言ではありません。

 

ひいおじいさん、おばあさん世代は昔ながらの伝統治療が頭にありますが、占領時期に子供だった今のおじいさん、おばあさん世代は、西洋医学に依存する傾向がみられますよね。これが完全に日本の西洋医学神格化の原点世代といえます。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放