お米は健康的な食品                   トンプソン 真理子


結論から言うと、答えはYesであり、Noであると言えます。

今日、米を食べるべきか否かについて、いろいろと議論がなされています。

パレオダイエットの人たちは、穀物は原始の時代になかった不自然な食べ物だから、すべての人がグレインフリー(穀物抜き)であるべきだというし、東洋医学やビーガンの人たちは、米は素晴らしいスーパーフードであると言います。

 

しかし、それはその人の体質・目標にもよると思うし、それよりも、米を食べる際の下準備をちゃんとするかどうかによって、米が健康的な食品になるかどうかが決まります。

 

どちらにしろ、議論の余地なく完全に避けるべき米は「精製された白米」です。

この場合の白米は、ジャスミンライスやバズマティライス(インドの米)のことではなくて、アミロペクチン(糖質)の多い短粒種・ジャポニカ米のことです。

それは、食物繊維もビタミン・ミネラルも、すでにそぎ落とされています。

また研究では、白米は糖質がむき出しで血糖値を急激に上げるために、玄米を食べる人たちよりも、糖尿病になる確率が二倍になることが分かっています。

 

また、米のもう一つのデメリットは、これはどんな穀類、豆類にも言えることですが、「フィチン酸」を含んでいることです。

それが米に密度や硬さを持たせているのですが、それはミネラル・ブロッカーや酵素阻害剤として作用し、体がビタミン・ミネラルを吸収するのを妨げるのです。

 

また、米にも小麦のグルテンのように、体が吸収しにくいタイプのたんぱく質が含まれています。

自己免疫疾患を発病する人の中には、小麦だけでなく、穀物すべてのタンパク質に反応してなっている人がいますので、そういう人たちには米さえも要注意です。

 

以上が米のマイナス点ですが、では今度はプラスの面について話しましょう。

 

この場合は玄米や古代米についてですが、それらにはナイアシンと言われるビタミンB3が豊富に含まれています。

それは、心臓や血管系の健康に非常に大切な栄養です。

またセレン(セレニウム)もたくさん入っています。

セレンは甲状腺や腎臓をサポートする、体に不可欠な必須ミネラルです。

また、米にはGABA(ギャバ)と呼ばれるものが入っています。

それは、脳をサポートする神経伝達物質で、不安を軽減したり眠りを改善したり、また新陳代謝も高めてくれます。

ということで、この場合米はスーパーフードであると言えます。

 

ここで、「米は健康的か」という質問に戻りますが、それは米の下準備に関係してきます。

米を水に浸けて発芽させると、それがフィチン酸の働きをオフにして、ビタミン・ミネラルをすべて解き放ってくれます。

また、水に12時間以上浸けることで、人体細胞のミトコンドリアに毒である発芽抑制因子「アブシジン酸」ABAを不活性化することが出来ます。 

そこで初めて、米は健康的なものとなるのです。 

 

また米が発芽状態になる過程で、その内部の構造に劇的な変化が生じ、栄養価は最高に、また体にとっても消化に易しい形になります。

そしてうれしいことに、お味も玄米特有のあのパサパサ感がなくなり、もちっとしたよい美味しい味になります。

 

ですから、お年寄りは消化が悪いので玄米より白米を食べたほうがいいとか、玄米菜食の人は肌がガサガサになるとか言いますが、この工程をすれば問題がなくなるはずです。

(玄米菜食の人は、それだけでなくその他の摂れていないビタミンB12などの栄養素もサプリなどで補う必要がありますが)

 

ここで、じゃあ売っている発芽玄米を買えばいいのね、と言われると、そう簡単でもなくて、あれは発芽したものを販売・流通するために一旦完全に乾燥させて、それ以上生育しないように薬品で止めているので、値段が高い割には体に良いとは言えません。

一番いいのは、家で自分で作ることです。 

 

無農薬か低農薬の玄米をぬるま湯に1~2日間浸して、発芽したかしないかの状態のものを炊くとよいでしょう。(水は時々替えてやる)

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放