うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった              藤川徳美


めまいやふらつき、倦怠感、イライラ、朝起きられない、冷え性、頭痛……あなたの不調は、「鉄・タンパク不足」の症状かもしれない――。

 

日本女性の大半は、貯蔵鉄(フェリチン)が空っぽの状態で、深刻な鉄不足だが、多くの人が自分の鉄欠乏に気付いていない。

 

近年、「高タンパク・低糖質食+鉄剤」療法によって多くのうつ・パニック患者を完治させている精神科医が、多数の症例を交えながら、鉄・タンパク摂取の重要性を伝える。

 

気分が落ち込む、やる気が出ない、イライラ、息苦しさ、動悸、めまいやふらつき、倦怠感、

朝起きられない、冷え性、頭痛……地球上で最も重要な元素(鉄=Fe)の不足が、

「エネルギー不足」と「ストレスへの脆弱性」を引き起こす! 

 

 

あなたの不調は、「鉄・タンパク不足」の症状かもしれない――。

日本女性の大半は、貯蔵鉄(フェリチン)が空っぽの状態で、諸外国と比べても日本人の鉄不足は深刻だ。

しかし普通の検査では見逃されてしまい、また日本では鉄不足への認識が甘いため、多くの人が自分の鉄欠乏に気付いていない。

 

著者は近年、うつ病やパニック障害の患者に「高タンパク・低糖質食+鉄剤」療法を取り入れたところ、精神科薬を脱し鉄剤投与のみとなり治療を終了(完治)する患者を続出させている。

地球上で最も多く存在する元素、鉄(Fe)。

最初の生物、シアノバクテリアをはじめ植物も動物も、鉄なしではエネルギー代謝を維持できず、神経伝達物質やホルモンの合成も滞る。

多数の症例を交えながら、鉄・タンパク摂取の重要性を伝える。

 

はじめに

第1章 日本女性の8割は鉄が空っぽだった

第2章 「鉄・タンパク不足」を伴う不安・うつ・パニック障害治療の実際

第3章 鉄――地球・生命にとって特別な元素

第4章 エネルギー代謝と鉄――あらゆる病に鉄不足が関わる理由

第5章 医師はなぜ栄養について知らないのか

第6章 【実践編】鉄吸収を良くする「低糖質+高タンパク食」とサプリメント

おわりに

 

 

「鉄が不足すると、前にも述べましたように、セロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質が作られにくくなりますので、精神的に頑なになりやすく、些細なことでキレやすくなります。

とはいえ、人前や公共の場では、そのような情動があっても、表出する人は稀です。

 

ところが家庭の中では、こうした感情があからさまになってしまうものです。

とくに自分の庇護下にあると思っている子どもに対しては、かなりストレートな感情表現として現れやすくなります。

 

たとえば、すぐに返事をしないとか、宿題が終わっていないとか、些細なことでイライラしたりキレたりして、叱りつけてしまいます。

中には手が出る人もいます。後になって、「言いすぎた」「ひどいことをしてしまった」と自責的になり、落ち込んでしまいます。

 

家の中がそのような状況だと、子どもは委縮してしまいます。おびえながら過ごすような毎日です。

 

こうした状況が積み重なると、子どもの側にも、不登校、チックなどの心身症の症状が現れることもあります。

 

このような場合には、まずは母親の鉄不足を改善することが大切です。

母親の精神状態が良くなることによって、子どもの些細な行動も許せるようになります。

 

もちろん、許せるようになるからといって、甘い子育てになるということではありません。

本当に叱らなければならない場面では、冷静に叱ることができるようになりますので、子どもの状態も落ち着いてくるでしょう。」

 

 

(書籍本文73~74ページより抜粋)

 

 

今回は多くの人(一般の方、医療関係者)に取ってパラダイムシフトとなるであろう本をご紹介します。

タイトルの通りで、藤川徳美先生の「うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった」という本です。

 

光文社新書からは夏井睦先生、宗田哲男先生らの糖質制限の意義を世に問う書籍がすでに出ていますが、それらに負けず劣らず、というかそれらを下敷きにさらに進んだ良書です。

 

今回の藤川先生の本、医療関係者すべてと健康に興味のあるすべての人に読んでいただけたらと思います。

 

 

まず私ごとですが、私はDr.カルピンチョこと、吉田尚弘と申します。

 

2012年4月からこの「低糖質ダイエットは危険なのか、中年オヤジドクターの実践検証結果報告」をDr.カルピンチョというHNで記載してきました。

 

掲載開始時は理化学研究所に勤めていたのですが、2016年3月に研究職を退職して臨床の現場に戻りました。

臨床に戻って一年、ご縁をいただいて2017年の4月からHealthpressというサイトで実名で糖質制限に関連する記事の連載を始めさせていただきました。

 

こちらで先日、記事として書かせていただいたのがこちらです。

 

糖質制限に失敗する女性は「隠れ栄養失調」  鉄分不足でエネルギーが消滅!

http://healthpress.jp/2017/07/post-3102.html

 

糖質制限に関するトピックとして、糖質制限がうまくいかない時にどんなことが考えられるか。

鉄分とたんぱく質が足りない女性が厳しい糖質制限に失敗する理由について書かせていただきました。

 

 

「鉄分とたんぱく質が足りないのでミトコンドリアがうまく機能しない、だから上手に脂質を燃やしてエネルギーにすることができずに厳しい糖質制限が続けられない。」というものです。

 

この記事についてはいくつかの書籍を参考書籍として紹介させていただいていますが、もっとも強く影響を受けたのは実は藤川徳美先生の理論を中心としたフェイスブックの記事群(メガビタミン主義+糖質制限=藤川理論(非公開))だったのです。

このグループの記事群に書かれている理論は分子栄養学に詳しい方々の説明を中心としたものです。

 

さまざまな病気の発生に栄養失調がどのように関わっているか、では、具体的にはどのようにして栄養失調を改善して病気を治したらいいか。

グループの参加者と諸先生のコミュニケーションを通して、様々な問題が解決されていきます。

 

鉄不足と糖質制限についてもそちらで学ばせていただき、過去に購入していた溝口先生の本などを改めて読み、多くのことを学ばせていただきました。

そのグループの中心としてとらえられている藤川先生の「鉄」をメインテーマに据えた待望の新書がこの本なのです。

 

 

さて、冒頭に紹介した文章は、本の内容からの抜粋です。

この文章を紹介したのは、小中学生を育てている家庭であればどこの家でも起こっていそうな状況についての記載だからです。

こどもの些細なことにイライラしてしまうお母さん、でも、それはお母さんのせいではなくて、鉄不足という隠れ栄養失調のせいかもしれないのです。

 

本のタイトル通りに精神的不安、パニック障害などの原因として「鉄不足」を我々は考慮しなければならない。

この本を読めば読むほどそれを痛感します。

 

具体的には、鉄不足でどんなことが起こるのでしょうか。こちらも本からの抜粋をご紹介します。

 

「まず、フェリチン値が30以下であれば、貧血の有無とは関係なく、鉄不足という診断となり、積極的な治療対象となります。

 鉄不足の症状は次の通りです。

 

 

○イライラしやすい。集中力低下。神経過敏。些細なことが気になる。

 

○立ちくらみ、めまい、耳鳴り。偏頭痛。

 

○節々の痛み(関節、筋肉)。腰痛。

 

○喉の違和感(喉が詰まる)。

 

○冷え性

 

○朝なかなか起きられない。疲れ。

 

○出血(アザ)。コラーゲン劣化(肌、髪、爪、シミ)。ニキビ、肌荒れ。

 

○不妊。

 

○レストレスレッグス症候群(RLS=ムズムズ脚症候群)

 

○やたらと氷を食べる。・・・・・・など。」

 

(本文96~97ページより抜粋)

 

 

ありふれた症状であり、良く聞く病気ですよね。

生活習慣病の患者さんに向かっていると非常に良く遭遇する諸症状でもあります。

これらの諸症状の背景、というか発症メカニズムに鉄不足が潜んでいる可能性があるということなのです。

 

この場合、鉄不足を補正してあげるだけで様々な症状が改善する可能性があります。

さらに言えば、精神神経的な治療薬だけではなかなか症状が改善しなかった人の症状が、鉄不足の補充を組み合わせるだけでも改善する効果が期待できるということです。

 

★阿修羅♪

 

 

私ごときが言うのもおこがましいですが、一言でいうと

素晴らしいです。

 

藤川 徳美先生を知ったのはFacebookでした。

以前の記事で先生が医学界のパライダイムシフトとして

1、夏井睦先生の湿潤療法

2、江部康二先生の糖質制限

3、河野和彦先生のコウノメソッド

を挙げてらっしゃいました。

この3つは文句の無いところとして、僕としては「近藤理論」はどうなのか?と思い、質問したことがありました。

その際、「癌もどき理論」を一般に知らしめた功績は評価出来る、しかし「放置療法」は治療法ではない。治療法まで揃って「パラダイムシフト」と言う旨のご回答を頂き、その明快さに感嘆し、その後先生の記事をフォローさせて頂きました。

日々の診療で、患者に向かい、論文はもちろん一般書や英文の文献も読み込まれ、またそれを日々の診療にフィードバックされてらっしゃる。

そして、その知見をおしげも無くFB上に挙げ、多くの方のために尽力されている姿勢は、藤川先生のおっしゃられる「自分の頭で考える医師」を自ら体現されてらっしゃいます。

フォロワー数と主催されるグループ人数がそれを見事に表してます。

 

この本はその集大成とおもいます。

「鉄」を主題としながら、現代社会の「質的栄養不足」を取り上げ、それから引き起こされる疾患の問題を挙げられています。

そして、理論はもちろん、たくさんの症例を提示され、その問題の解決策まで示されてらっしゃいます。

治療法までをしっかり明示されてらっしゃるのです。

まさに、「藤川理論」と呼ぶにふさわしい、

新たな「パラダイムシフト」だと、私は考えます。

 

「うつ・パニック」だけでなく精神疾患で悩むご本人はもちろん、そのご家族にも手に取って欲しい一冊です!

 

亀川 寛大

 

 

今日のお勧め図書は、Facebookでも食や栄養に関する発信を積極的に行っている藤川徳美先生の新著「うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった」です。

 

藤川先生といえば、その歯に衣着せぬ物言いで、僕的にはちょっと怖い人なのかなと思っていましたが、この本からはそのような印象は受けませんでした。それどころか、むしろ患者思いの優しい先生なんだろうなって思いました。

 

藤川先生は臨床の中でうつやパニック障害の患者に鉄欠乏が多いことに気付き、鉄剤を投与することでたくさんの患者を治療してきたそうです。栄養療法の効果の高さに藤川先生は確信を持ち、この治療法を広めようと活動し始めたとのこと。著書の出版もその一環だそうです。

 

豊富な症例を例示され、分子栄養学の素晴らしさを示される一方、なぜ日本人に鉄欠乏が多いのか、なぜ鉄は重要なミネラルなのか、ひいては今の医学界の問題まで、丁寧に説明されています。この本を読むことで、栄養が心身に与える影響がいかに大きいかがよく分かるでしょう。

 

分子整合栄養医学はカナダの精神科医である、エイブラム・ホッファーが作った医学体系であり、ノーベル賞受賞者であるライナス・ポーリングとともに発展してきました。藤川先生は日本のホッファーであると、僕は思います。これからも藤川先生の活躍を楽しみにしています。

 

 

長尾 周格

 

 

 



「うつやパニックの症状を訴えて私のクリニックに退院した女性の血液検査の結果をみると、ほとんどの患者さんは血液中の鉄分量が不足している状態だということがわかりました。

そこで、うつやパニック障害の症状を訴えてきた患者さんに、投薬治療とともに、鉄分を補う栄養療法を行いました。

すると4カ月目あたりから鉄不足が解消され、少しずつ元気を取り戻して、薬を手放すことができるように。

その後、日常生活を快活に送ることができているという報告が相次いでいるのです」

 

そう語るのは、「ふじかわ心療内科クリニック」院長の藤川徳美先生。

この鉄分を補う栄養療法により、'12年4月から、約2000人の患者の症状を改善させたという。その臨床結果をまとめた著書『うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった』(光文社新書)が、7月に発売され、話題になっている。

 

藤川先生によれば、うつやパニック障害などの精神疾患と鉄不足とは、実は密接に関係しているのだという。

心を安定させるときは「セロトニン」、やる気を促すときは「ノルアドレナリン」、快楽や多幸感を得るときには「ドーパミン」などの神経伝達物質が脳内に分泌される。

鉄は、これらの神経伝達物質を作る際に必要な酵素を助ける働きをしている。

そのために、鉄が不足すると、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンが必要なときに作られなくなってしまい、うつやパニック障害の症状を引き起こしやすくなるという。

 

「一般的に、赤血球の中にある『ヘモグロビン値』が不足している状態を貧血といいます。

ヘモグロビンを作る材料は鉄とタンパク質なので、鉄とタンパク質が不足すると、血液中のヘモグロビン値が低下し、酸素を体の隅々まで運んで二酸化炭素を吸収するという赤血球の役割が弱くなるのです。

そうすると、酸素不足となり、貧血が起こりやすくなります。

ところが、ヘモグロビンの数値は正常でも体調不良を訴える人がいました。そこで、私は“フェリチン値”に注目しました」

 

フェリチンとは、体の内部に鉄を蓄えるタンパク質で、幹細胞などを中心に分布している。

血液中の鉄分が不足すると、フェリチンに蓄えていた鉄分が放出されて、血液中の鉄分量を調節する。

ふだん使う財布のお金を「ヘモグロビン」、貯金分を「フェリチン」とお金にたとえて考えるとわかりやすいだろう。

 

「ヘモグロビン値が正常でも、このフェリチン値が低下していれば、鉄の貯金が減っていることになり、気分が落ち込む、イライラする、動機やめまいがする、目覚めが悪い、冷え性である、といった症状が出ます。

ヘモグロビン値が低くなる貧血を『鉄分欠乏性貧血』というのに対して、フェリチン値が低くなることを『潜在性鉄欠乏症』といいます。

健康診断の数値を見ただけでは鉄不足を見逃してしまうことも多く、この“貧血ではないのに鉄不足”の人がうつやパニック障害の人にとても多いのです」

 

’14年に来院した15~50歳女性患者217人のデータによると、初診時でのフェリチン値は、10ng/ml以下が87人(40.1%)、11~30ng/mlが79人(36.4%)、31ng/ml以上が51人(23.5%)という結果だった。

フェリチン値が30ng/ml未満の患者は76.5%にのぼり、約8割の患者が鉄不足であることが判明したのである。

 

「赤ちゃんのフェリチン値は200~300ng/mlあり、生まれたときから鉄分が不足しているわけではありません。

その後、ゆるやかに減っていき、初潮を迎えた中学生以降は激減し、毎月の月経で血液が体内から失われていきます。

そして、20代後半から30代で妊娠・出産を迎えると、妊娠中は鉄とタンパク質の多くを胎児に与えるので、さらに重度の鉄・タンパク質不足になってしまいます。

フェリチン値が10ng/ml以下になると産後うつの発症率も高くなります」

 

40代以降になり、閉経が近づくとフェリチン値は戻るというが、婦人科系の疾患にかかり出血しやすい状態になると、またフェリチン値が下がるので注意が必要だ。

日本での、フェリチン値の基準は女性で5~157ng/mlとされているが、藤川先生のクリニックでは100ng/ml以上になることを目標にしている。

 

*女性自身

 



鉄の重要性                           水野 雅登


ミトコンドリアで作ったエネルギーを最後に取り出す(ATPにする)段階、「電子伝達系」という代謝経路には鉄は必須です。 

 

つまり、鉄不足では(ミトコンドリアのない赤血球を除いて)全細胞でエネルギー不足となる可能性があります。 

 

ですので、鉄不足では多彩な症状が出ます。 

 

集中力低下、神経過敏、些細なことが気になる、いらいらしやすい、立ちくらみ、めまい、耳鳴り、偏頭痛、疲れ、節々の痛み(関節、

筋肉)、腰痛、喉の違和感(喉が詰まる)、冷え性、朝なかなか起きられない、出血(アザ)、コラーゲン劣化(肌、髪、爪、シミ)、

ニキビ、肌荒れ、不妊、レストレスレッグス症候群(むずむず足症候群、RLS)、氷を食べる、土を食べる、糖質への依存

(多くの女性が糖質依存になるのは鉄不足が関係します) 

 

うつ・パニックで向精神薬を何種類も飲んでいる方も鉄の補給で改善します。

(他のビタミン、例えばナイアシンなども不足している場合が多いです)

 

鉄は、非常に重要です。 

 

鉄不足ではミトコンドリアで作ったエネルギーが取り出せません。 

 

 

鉄不足があってミトコンドリアが働かないとどうなるか? 

細胞質で行われる「解糖系」という非常に原始的かつ非効率な代謝経路に頼ってしまいます。 

 

しかも、この経路では乳酸が溜まって体が酸性化したり、体温も下がってしまいます。 

 

こういう前提、「生理学的事実」をきちんと踏まえていれば「フェリチン高い=危ない」などの短絡的な考えは出てきません。 

 

鉄は人体に必須です。

ものすごく重要です。 

 

そして、「1万」の医学論文よりたった「1つ」の生理学的・生化学的事実の方が圧倒的に優ります。 

 

はるかに重要です。 

 

これを良く覚えておいてください。 

 

なお、炎症・細胞破壊がない状況では、女性ではフェリチン100以上、男性ではフェリチン150以上が健康的な数値です。 

 

 

基準値と呼ばれるものは95%の人が収まる範囲を示したものでしかありません。

 

健康のための数値ではないのです。 

 

日本人女性のほぼ全員が鉄不足な状況では基準値は健康的な数値ではなく不健康な数値となってしまいます。 

 

ですので、海外とくらべても日本の基準値は圧倒的に低い数値の範囲となっています。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放