うつ病                           幸せの扉


ストレス社会と呼ばれて久しいですが、社会全体で見るとストレスは年々拡大していますよね。

ストレスが拡大する要因として国内外の政治・経済の停滞、困難などによる社会的不安が大きいです。  

特に先行き不透明な状態が続くとうつ病患者の数が比例して増加します。厚生労働省から発表されたデータによりますと、うつ病患者は1996年には43.3万人だったのが、2008年には104.1万人にまで増加しています。 

 

今後、よりメンタルヘルスの重要性が高まりそうです。

中でも睡眠、適度な運動、食事の三つは特に大切ですが、個人的に最近注目しているのが腸の働きを良くして幸せホルモン(脳内物質)の分泌を良くし、メンタルを常に良い状態に保ちながらうつ病などの精神疾患を予防する方法です。

うつ病の発症とヨーグルトを食べる習慣との関連を分析するため、うつ病ではない健康な男女1万4539人(平均年齢37歳)を10年間追跡調査した。 

調査開始時点と10年後に詳細なアンケートで食生活を尋ね、またうつ病の発症状況も調べた。10年後の時点で、調査期間中に医師からうつ病と診断されたことがある人が72人(5.0%)いた。 

 

ヨーグルトの摂取量を、1週間に0.5食以下から7食以上とる人まで4つのグループに分けて比較した(1食は125グラム)。その結果、最も多くヨーグルトを食べる「週に7食以上」の人は「0.5食以下」の人に比べ、うつ病を発症するリスクは22%減った。 

 

■ 「幸せホルモン」は腸内細菌が作っていた 

なぜヨーグルトを多く食べるとうつ病が減るのか、因果関係を明らかにしていない。近年、腸内環境の悪化がうつ病を引き起こす原因の1つという研究が相次いで発表されている。うつ病の原因にセロトニン不足があげられる。 

セロトニンは喜びや快楽を感じると脳から分泌され、「幸せホルモン」と呼ばれるが、実は脳内に2%、腸内に90%の割合で存在することがわかってきた。 

 

腸内細菌がセロトニンを製造し、脳に送り届けているのだ。マウスの実験で腸内細菌をなくすと、セロトニンが脳に送られなくなり、狂暴化することが確認された。 

脳内にある、たった数パーセントのセロトニンが人間の精神状態を大きく支配しているわけだ。ストレスがたまると、腸内に悪玉菌が増えセロトニンが製造されなくなる。 

 

逆に乳酸菌などの善玉菌を増やすと、セロトニンの製造量が増える。ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれているのだ。

 



腸内環境改善で鬱が治る                                 健康ちゃんねる


 

緊張するとお腹が痛くなったりすることってありませんか? そう考えると、心と腸の関係は確かにあるような気がしますよね。

腸内環境を良い状態にすることは、健康にとって今や欠かせないファクターです。しかも全身症状だけではなく、心にも影響を及ぼすことが分かってきた腸。

 

うつ病と腸の関係

 ・緊張すると・・・おなかがいたくなる

 ・神経伝達物質-セロトニンが関係している

 ・セロトニンは、「幸せホルモン」としても有名に

 ・うつ病になると、セロトニンの働きが鈍くなり、幸福感を感じにくい、眠れないなどの症状が

  セロトニンは、90%は腸に、脳にわずか2%ほど!  → 汚い腸だとセロトニンの分泌がうまくなされず幸福感を感じにくくなってしまう!

 ・現在の通説では、腸内環境だけの問題じゃない。

 ・うつ病患者の脳をMRIで見ると、脳の記憶をつかさどる器官・海馬が萎縮している!

 ・長期のストレスや大きなストレスを受けると大量にストレスホルモン-コルチゾールが分泌され海馬を萎縮! → これが原因でうつ病を発症させてしまうことも。

 

 ・腸内環境を整えることによってうつ病が治る人がいることも事実

 ・腸内環境を整えることとうつ病は無関係ではない!

 ・腸をキレイに保てばセロトニンが正常に働き心も穏やかに保ってくれる! → ストレスにも強い体になりうつ病の予防に有効!

 

キレイな腸を目指す、5つの方法!

 

1適度な運動

 ・腸の働きを活発に

 ・一定リズムの運動はセロトニンの分泌を促す

 

2ストレスをためない

 ・趣味などでうまくストレスを発散

 

3身体を温める

 ・腸は温めることで活発に働く

 

4規則ただしい生活

 ・朝の光を浴びるとセロトニンの分泌が促される!

 

5バランスの良い食事

 ・日ごろから意識的に腸をキレイにする食物繊維や発酵食品をとることを心がける!

 

 



うつの原因は腸内菌                                                  Dr. Mercola


多くの人が、腸は第二の脳に等しい事実に気が付いていません。

腸の状態に影響される要素は次のとおりです。 

 ・知能

 ・気分

 ・行動

 

現代精神医学の世界では、いまだにうつなどの精神的な問題は脳内の化学物質のアンバランスによって引き起こされるという誤った主張を続けている中、うつや様々な問題行動の原因は腸内菌のアンバランスが原因であることを示す研究結果が数多く示されています。

 

Neurogastroenterology & Motility(神経消化器病と運動)の特集研究では、腸内菌が不足するマウスに、正常なマウスと異なる行動、「ハイリスク行動」が見られたことがわかっています。マウスの脳に神経化学上の変化が起こったために行動が変化したとされています。

 

著者によると、細菌叢(腸内フローラ)は腸と脳の情報伝達の役割があります。

 

「出生直後の細菌叢の取得によって、消化器系 免疫系、神経内分泌系および代謝系の発達と機能に決定的な影響を与える。例えば、細菌叢の存在が、視床下部・下垂体・副腎皮質系(HPA)の活動の起点を統制する。」

 

神経伝達物質であるセロトニンは、視床下部・下垂体・副腎皮質系を活性化させますが、これはセロトニンの受容体が脳で刺激されて起こる反応です。さらに、セロトニンのような神経伝達物質は、脳だけで無く腸にも存在します。事実、気分をコントロールし、うつや攻撃性にも関与するセロトニンは、脳ではなく腸内に最も多く存在します。

 

気分や、心理面での健康、行動に大きく影響するのですから、腸内フローラを育てて、セロトニンの機能を高めることは理にかなっています。 

著者は述べています。

「腸内の常在細菌叢の有無が行動の発達に影響を与える...。」

 

この結論はさらに、腸内菌が哺乳類の幼少期の脳や行動の発達に影響することを発見した別の動物実験結果も裏付けています。それだけではありません。この研究では、幼少期の腸内常在菌の有無が生涯の遺伝子発現を決定づけることも分かっています。

 

遺伝子プロファイリングでは、腸内菌の欠如により、学習、記憶、運動新家に関係する遺伝子や信号伝達経路に異変が起こっていることを発見しました。腸内菌が、早期の脳の発達と将来的な行動に密接に関わっているのです。

 

このような行動の変化は、幼少期の早い段階で正常な微生物にさらされることで解消することが可能です。しかし、保菌が少ないマウスが成長してしまうと、細菌叢ができても行動に影響することはありませんでした。

 

研究の筆頭著者であるRochellys Diaz Heijtz医師は次のように述べています。

 

「データによると、腸内の細菌叢の状態が生涯の脳と行動の変化に大きく影響する特殊な時期が幼少時代にあることがわかる。」

 

同様に、プロバイオティクスは、若い遺伝子の活動に影響し、身体の健康、病気に対抗するような遺伝子発現を促すことが分かっています。

 

脳と腸のつながり

心理学や医学の世界で、脳と腸のつながりは基本的なことと認識されていること、消化器系と神経系疾患の関連性を示すエビデンスが数多く存在することを考慮すると、腸内菌のバランスが心理面や行動にも大きな役割を持つことは容易に理解できます。

 

このことからも、生涯をとおして腸内菌に栄養を与えることが非常に重要であることは明らかであり、頭蓋骨と腸に二つの脳が存在し、それぞれが栄養を必要としているということです。

 

興味深いことに、これらの2つの器官は同じ種類の組織でできています。胎児の成長の過程で片方は中枢神経系に、もう片方は腸管神経系へと発達していきます。これらの器官は、迷走神経(脳から腹部に走る第10脳神経)でつながっています。

 

この部位で二つの脳がつながります。緊張すると胃の具合がおかしくなるわけです。

 

腸と脳は、互いに影響し合いながら、協調して機能します。このため、腸の健康と精神面の健康は深く関わり合っています。

 

その結果、食事が知能の健康に密接に関わっていることは明らかです。さらに、栄養不足は、気分や行動に悪い影響があることは考えなくても分かります。

 

昨年General Psychiatryアーカイブに発表された別の研究では、心理的な問題は、土壌、食事、腸内に含まれる天然微生物の欠如が原因であることを示すエビデンスのレビューを実施しています。

 

レビューでは、実際に関連性を見つけることができました。

 

若者のうつの数が、成人のうつの人口を超えてきており、外面でも体内でも菌への暴露が減っていることが原因かもしれません。

 

現代社会は、人間にとってあまりにも清潔になりすぎているのです。

 

発酵食品は伝統的に多くの文化で重要な食品でしたが、安全性という言葉のもとに菌をすべて死滅させる現代の食産業では、このような発酵食品が少なくなってきています。納豆やケフィアなどの伝統的な発酵食品は手に入りますが、昔ほど重要な食品ではなく、成人して初めて食べてもあまり美味しいものでもありません。

 

子供達がこのような菌に触れない生活をした場合、菌は炎症に対抗する防御の役割もあるため、身体は強くなるどころか弱くなってしまいます。ひどい炎症は、心臓病や糖尿病だけではなく、うつの特徴でもあります。

 

著者は次のように説明しています。

「多くのデータが示すように、微生物(「旧友」と呼ばれる)は、共進化の過程で、身体の害にならず、炎症を和らげる効果のある刺激に対して人体の免疫系が耐性を持つように仕向ける役割を担っていたのです。

 

このような免疫のトレーニングが欠如することで、現代人の弱った体は、害のない環境中の抗原(喘息のもと)、毒性のない食品中に含まれる成分、腸内の共生動物(炎症性腸疾患のもと)、自己抗原(自己免疫疾患のもと)などに不適切な免疫反応を起こしてしまうリスクが高くなります。

 

「旧友」への暴露の低下が、うつを促進する可能性があります。抑うつサイトカインが増加することで、弱い現代人が心理社会的なストレスの原因に対して激しい炎症反応を起こす用意が整い、うつの発症率が高くなります。

 

…「旧友」や抗原への程よい暴露は現代社会に起こるうつを予防し治療する効果をもつと考えられます。

 

脳の障害は様々な形で現れますが、その一つに、自閉症があります。こちらで、脳と腸の健康の関連性を示す有力なエビデンスをご紹介しましょう。

 

グルテン不耐性は自閉症の特徴として挙げられますが、自閉症の子供たちにグルテンフリー食を摂らせることで改善します。発酵食品やサプリメントなどでプロバイオティクスを摂取した場合も自閉症の子供に効果があります。

 

Andrew Wakefield医師は、発達障害と腸の疾患の関連性について調査を進める医師の一人です。彼が発表した査読論文(130-140人)では、炎症性腸疾患の仕組みと原因について、自閉症などの発達障害のある子供の脳と腸の関連性を詳細な調査を行いました。

 

世界中の他の研究者によって同様の研究が実施され、自閉症などの脳の疾患と消化管の機能不全の関連性が確認されています。

 

人間の体内には100兆にも及ぶ菌が存在しています。全身の細胞の数の10倍です。腸内菌の理想の比率は、善玉菌85%、悪玉菌15%です。

 

上述の心理面での影響に加え、善玉菌と悪玉菌の健康的な比率は次の面においても重要です。

 ・病気の原因となる微生物の過剰繁殖から体を守る

 ・食べたものを消化し、栄養を吸収する

 ・炭水化物の消化と吸収

 ・ビタミンを生成し、ミネラルを吸収、毒素を排出する

 ・アレルギー予防

 

健康を害する菌が腸内に過剰に発生すると、ガス、膨満感、倦怠感、糖分への欲求、吐き気、頭痛、便秘、下痢などがおこる。

 

腸内菌は想像の世界に住んでいるわけではありません。実際に腸の中で活動し、欠かせない存在であり、各個人の生活習慣に非常に左右されやすいものです。加工食品が多い食生活の場合、微生物のフローラが壊され、悪玉菌やイーストばかりに栄養が吸収されて、腸内菌のバランスは崩れてしまいます。

 

腸内菌は次のようなものにも影響されます。

 ・抗生物質

 ・塩素処理水

 ・抗菌ソープ

 ・農薬

 ・汚染

 

腸内菌を整えるためのコツ

炎症の問題に話を戻すと、免疫機能の80%は腸がまかなっています。善玉菌を定期的に新しく取り入れていく必要があるわけです。

 

さらに、脳は第二の脳といわれ、免疫機能のほとんどを担っていることを考慮すると、腸の健康がどれだけ切っても切り離せない脳の機能、精神状態、行動に関わっているか、が分かります。これは上述のとおりです。 

このことからも、改めて腸内菌を調整するための方法をご紹介します。

 

発酵食品は消化器系を良い状態に導くために今でも最良の方法です。伝統的な製法のものを食べましょう。例えば、ラッシー(インドのヨーグルトドリンクで食前にいただくのが伝統的)、ケフィアなどの発酵乳、キャベツ、カブ、ナス、キュウリ、玉ねぎ、ペポ南瓜、ニンジンなどを発酵させたもの、納豆(発酵大豆)などがあります。

 

発酵食品を定期的に食べるようにすると、健康に良い腸内菌が繁殖します。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放