誰も本気で生きていない                                    TABI LABO


 

恐いのは死じゃない

人生が終わってしまうことだ

 

ほとんどの人が恐がっているのは、死ぬことじゃない。人生が終わってしまうことだ。それに気づくための方法は、本気で生きることにある。

病院で、100人の人々に最も後悔していることを聞いた調査がある。ほぼ全員が、やったことよりもやらなかったことについて話した。

取らなかったリスク。追わなかった夢。 人生最後の言葉は何になると思うかい。 

もし僕ならこう言う 「なあ、目を覚ませよ」。

なんでキミは存在してる、人生は働くことじゃない。

週末をくるのを待ち、家賃を払う?違う。わからないけど、みんなこの星からの贈り物を受け取っているはずなんだ。

 

 

夢に選ばれるのか

それとも自分で選ぶのか

 

黒人のみんなには謝るよ。

ぼくにキング牧師を真似することはできない。彼は夢を持ったんじゃない。彼は夢の一部だったんだ。

人が夢を選ぶのではなく、夢が人を選ぶ。

自分の手で夢を掴まなかった人間を見てほしい。夢が彼らを選んだんだ。

自分自身で夢を選ぶ勇気はあるかい、自分の手の中にしっかりと掴むのか、そのまま滑り落ちるのをただ眺めているか。

 

 

飛行機は飛ばなければ錆びる

 

あるフライトでこんなことを学んだ。

パイロットの話では、多くの乗客が飛行機が飛ぶことを危険だと考えているそうだ。しかし、飛行機にとっては陸上に停まっているほうが危ないってさ。

なぜかって、錆びてしまうからだ。

劣化は、空中より陸上にいるほうが早まる。考えてみれば納得だ。飛行機は空中に居るために設計された。

人間だって同じだ。飛ぶために作られたのに、飛べないなんて悲しい。

 

 

心のなかには泥棒がいる

 

みんな泥棒を恐れている。彼らは、夜中にすべてを奪っていく。

しかし、泥棒は心のなかにいる。それは疑念とも呼ばれている。

もし泥棒を見たら、警察を呼んで、彼を子ども達から遠ざける。

だって、彼は殺人者だ。これまでしてきた失敗よりもたくさんの夢を殺してしまう。

彼は変装する。ウイルスみたいに視力を奪う。細かく紛れて、キミへと入り込む。なんとなくってやつだ。

 

 

“なんとなく”を許すな

 

なんとなくが一番致命的だ。

なんとなくって知ってる、なんとなくな人間はたくさんいる。なんとなくキャリアを変え、なんとなく大人に憧れ、なんとなく健康に憧れる。

なんとなく求めれば、なんとなく結果がついてくる。

夢はなに、何がキミを本気にさせる、なんとなくじゃ済ませられないものは何、すべて心で動かしていることって。

そう、キミは苦難を乗り越える。

周りにはなにもない。何度も失敗するだろう。でも誰がそんなものを数えるっていうんだ。思い出せ。簡単な道なんてない。

 

 

諦めないこと

 

その道でトップになりたいなら、鋭い山の背を歩き、越えていかなければいけない。

ストレスなことも、鬱々とすることもあるだろう。でも一つ言わせてくれ、スティーヴン・スピルバーグだって映画学校の受験に3度も落ちてる。

でも、彼は諦めなかった。

オプラ・ウィンフリーは、TVが肌に合わなかったと言った。でも彼女は続けた。批評家は鬱を経験したビヨンセに、もう歌えないと言い放った。

それでも彼女は歌った。

いざこざや批判は、偉大な所業にはつきものだ。宇宙の法律で誰も逃れられない。痛みは人生だ。でも、どんな種類かは選べる。成功への痛みか、後悔への痛みか。

 

 

人生という贈り物を、

自分の手で持つこと

 

振り返らなくていい。僕たちは人生という贈り物を受け取った。

それを無駄にしてはいけない。評価は過去によってされない。一瞬一瞬生まれるものだ。だから自分で持とう。

いつか飛び越えられる。翼は成長する。人生は勝手に進まない。説教臭くきこえるのはわかってる。贈り物を使わなければ、自分を売るだけでなく世界を売ることになる。心のなかに閉じ込めてしまった発明品はなんだろう?アイデアは?

 

 

今スグに始めよう

 

人生は短い。キミの内側から世界に発信するスキルは何だ。

UNIは1つ。Verseは曲だ。きみはそのユニバースの一部だ。

マイクを握り勇気を持とう。 心から人生を歌え。

 

もう引き下がれないから、新しい始まりを創りだすんだ。今スグに始められる。

 

そして、新しい終わりを創りだすんだ。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


 神奈川県川崎市麻生区百合丘1-5-19 

 YDM百合ヶ丘ビル 5階


 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放