生きるとは                                                  ‎山中 圭子


生きるとは、いまの瞬間、なにをやっているのかということなんです。

いまの瞬間、この〈からだ〉がなにかやっている。それが生きる、ということなんです。

人生とは、瞬間の一つひとつで成り立っているんです。・・・ただ座っている。

歩いている。

考え事をしている。

料理している。

歯を磨いている。

 

その瞬間にやっていることが、まさに生きるということなんです。

それ以外、なにもないのです。・・・

その瞬間瞬間の自分の行為をみるのです。

 

一つひとつに集中していくと、次にやるべきことがわかってきます。・・・

それこそが、仏教がすすめる智慧の世界なのです。

過去はない、将来はない。いまのこの瞬間に生きるのみ。

 

それが仏教のすすめる完璧な生き方なんです。

 

 

「生きる」ということは、自分の〈からだ〉をとおして学ぶんです。・・・

 

プッタはこう答えています。

「この自分の〈からだ〉の中にすべてがある。自分の〈からだ〉の外にあるのではない。

苦の世界も、苦の原因も、苦の消滅に至る道も、この〈からだ〉の中にある」

 

自分の〈からだ〉の中に、すべてがあるのです。

だから、自分の〈からだ〉を通して「生きる」ということを学ぶんです。それが、仏教を学ぶということなんです。

 

仏教を自分の〈からだ〉において学んでいる人は、「すべてが無常だ」ということがわかるようになります。「物事は、人生は、先のことはわからない」ということが、心の底からわかって来ます。

 

人生には、叶うものも、叶わないものもある。

 

どんなことがあっても・・・「ああなるほど、そういうことか。

まぁ、そんなものだ」それだけで終わってしまうんです。

あれやこれと原因さがしをしたり、後悔して悲観にくれたり、悩み苦しみに陥ることがありません。

すぐに次の手が打てるんです。

だから、生き方を学んで行きましょう。

それこそが、正真正銘の仏教の学びなんです。

自分の〈からだ〉が、何でも教えてくれるんです。

自分の生き方から、いくらでも学べるんです。生き方を知っている人は、すべてを知っているのです。

 

 

 

私は、がんになって、初めて「今」を認識しました。

「今」はわかっていたけれど、意識はいつでも「未来」へ向かい、想いはいつも「過去」にとらわれていました。

来年のことを思い煩うのではなく、来月のことで心配をするのではなく、明日のことを不安がるのではなく、1時間後のことでイライラするのではなく、今この瞬間を、今だから必要なこと(休息も眠りも含めて)をするだけが、生きることだと思うと、本当に気楽になります。

 

もちろん、生きているから、明日の予定も、来月の予定も、来年の計画もないことはないけれど、それが変わっても構わないと感じて、予定にとらわれなくなると、精神的に楽になれます。

 

がんになったからこそ、私たちは自分の体と向き合うことがしやすくなったように思います。〈からだ〉が教えてくれる生きる道に耳を傾けてみませんか。

 

今、嘆き悲しむこと、辛いと感じることが、違って見えてくるかもしれません。

 


スマナサーラ長老の仏教塾 どんなことがあってもいまここを楽しんでしまえる仏教的な生き方。仏教を学ぶのは、年齢は関係ない。いつでも、学ぶことができる。それこそ、死の間際でも学ぶことができる。なぜなら、仏教を学ぶとは、「生き方」を学ぶことだから。それこそが正真正銘の仏教。
スマナサーラ長老の仏教塾 どんなことがあってもいまここを楽しんでしまえる仏教的な生き方。仏教を学ぶのは、年齢は関係ない。いつでも、学ぶことができる。それこそ、死の間際でも学ぶことができる。なぜなら、仏教を学ぶとは、「生き方」を学ぶことだから。それこそが正真正銘の仏教。







          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


 神奈川県川崎市麻生区百合丘1-5-19 

 YDM百合ヶ丘ビル 5階


 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放