すてきに活きるこころのおきどころさがし



自分の生きる人生を愛せ

01.

他人と自分を比べるのは止めましょう。成功や失敗の基準は人それぞれです。

 

02.

悲観するのはやめましょう。自分が思っているほど、あなたは太ってはいません。それにカラダの脂肪と人間の価値には、何の関係性もないのです。

 

03.

見た目のためではなく、健康のために運動をしましょう。そして自分のカラダを大切に。嫌な部分にばかり目を向けてはダメ。完璧なことなんて、この世にないのですから。

 

04.

何か自分が得意なことを探しましょう。あなたが気づいていないだけで、実は子どもと一緒に遊ぶことが得意かもしれません。

 

05.

友だちを大切にしましょう。恋愛関係には終わりがくるかもしれませんが、友情は一生続くものです。

 

06.

1人の時間を楽しみましょう。仕事終わりで、疲れている金曜日の夜。無理に遊びにいく必要はありません。DVDでも借りて、フローズンヨーグルトを食べながら、家でまったり過ごすのもアリ。

 

07.

本をたくさん読みましょう。読もうとしていたのに、まだ読めていない…。そんな本はありませんか? 読書で、想像力と感性を養いましょう。

 

08.

家の中にいるより、もっと外で時間を過ごしましょう。山登りや散歩をして、太陽を全身に浴びましょう。

 

09.

写真をいっぱい撮りましょう。その後、プリントするのも忘れずに。スマホのメモリーに入れたままでは、もったいない!

 

10.

過去は忘れましょう。今まで自分を傷つけた人でも、広い心で許すことが大切。怒りを抱えたまま生きていくことは、心に毒です。

 

11.

成長すればするほど、昔の友だちと連絡を取らなくなってしまうこともしばしば。高校や大学の友だちともう一度集まってみては?

 

12.

ソーシャルメディアに頼るのではなく、友だちや家族ともっと電話しましょう。声を聞くための理由で電話をするのも手です。

 

13.

家族と不仲な人は、毎日ちゃんと愛していると伝えましょう。家族とのイベントに参加するのは、何よりも大切なこと。

 

14.

ビタミンをしっかり摂って、健康を維持するよう努めましょう。やる気のない1日を過ごすよりは、鉄分をしっかり摂ってヘルシーな1日を送るほうが楽しいはず。

 

15.

たまには自分に、ご褒美をあげましょう。ずっと欲しかったちょっと高級なブランドバッグを購入したり、行ってみたかった夢の場所への航空券を手に入れたり。今まで頑張ってきた自分を、甘えさせましょう。

 

16.

もっと見た目に気を遣いましょう。自分の見た目を意識すると、あなた自身も気分よく出掛けることができます。

 

17.

気になっていた映画を見ましょう。

 

18.

適度な運動を心がけましょう。エンドルフィンという「幸せホルモン」が生み出され、自然と前向きにしてくれます。

 

19.

何か趣味を持ちましょう。例えばルームメイトと一緒に絵を購入して、部屋に飾る。それだけで創造力が刺激され、ルームメイトとの絆を深めることにもなります。

 

20.

お金を貯めて、今までいったことのない場所へ旅しましょう。例えばマウイ島の山に朝日を見にいけば、天国にいるような気持ちになります。

 

21.

自分のことを笑いましょう。どんなに大きな間違いでも、ジョークにして笑い飛ばしましょう。

 

22.

カラオケにいきましょう。歌を歌うことは、人を幸せな気持ちにさせる上、健康にも効果的!

 

23.

できるだけ加工食品を食べないように。そこに何が入っているか分かったら、思わずゾッとするかも。

 

24.

型は気にせず、とりあえず踊りましょう。子どもの時に友だちと一緒にしていたように、楽しく踊りましょう。他人の目なんて、気にしないで!

 

25.

もっと笑いましょう。笑顔になるだけで幸せを感じるはず。さらにその笑顔は、周囲の人をも幸せにします。

 

26.

見返りを求めず、人に親切にしましょう。

 

27.

どれだけ心をオープンにしても、弱みにつけ込まれないように注意を。

 

28.

何事も、固定観念を持って決めつけないようにしましょう。

 

29.

当たり前のことに感動しましょう。空を見上げれば夕陽が美しく、夜空を見れば星がキレイに輝いています。

 

30.

皆に好かれることなんてありません。あなただって、出会う人すべてを好きになることはないはず。それが普通だと思いましょう。

 

0 コメント

気付きをあなたへ


01.

変えられない現実に思い悩んだり嘆いたりする時間があるなら、

今この時間、どう生きるかに集中する。

 

02.

“No” と言ってもいい。

その後のケアを丁寧にできるのであれば。

 

03.

自分の見方次第で、

目の前の景色は180°変えられる。

 

04.

外見の美しさよりも、

内面の美しさのほうがよっぽど魅力的だ。

 

05.

人の話を真剣に聞くことは、

最も簡単に人を喜ばせられる行動だ。

 

06.

親友がいることは、とても幸運なこと。

 

07.

二日酔いの日ほど無価値な時間はない。

 

08.

ボサボサのポニーテールでノーメイクのスウェット姿、

そんな女性に魅力を感じる人はほとんどいない。

 

09.

傍観者としての出来事は、

経験とは言えない。

 

10.

自信がある人は強く、美しい。

 

11.

笑いジワは、人生の勲章だ。

 

12.

理解し難いほど愚かで卑劣な人がいる一方で、

真似しようがないほど思いやりに満ちた人々がいる。

 

13.

人生は、あなたのものだ。

 

14.

努力せずに手に入れた喜びは、本当の喜びと言えない。

 

15.

恨むことに価値などない。

 

16.

誰かを喜ばせるために力を尽くした時、

後悔は少しも感じない。

 

17.

人から “ありがとう”と言われて

気を悪くする人はいない。

 

18.

頭の中には天使と悪魔がいる。

悪魔の囁きに耳を傾けてはいけない。

 

19.

何を食べるかよりも誰と食べるかのほうが

重要だったりする。

 

20.

多忙は名誉ではない。

余裕こそが成功の証だ。

 

21.

他人の心をすべて知ることなど不可能だ。

 

22.

悲しみや苦しみの原因は、

嫉妬であることが多い。

 

23.

相手が悪くても、

責める前にまず自分を見つめる。

 

24.

反対するのは簡単だが、

それが間違いだと断定はできない。

 

25.

友人関係は時間と共に変化する。

もしかしたら有効期限付きのものだってあるかもしれない。

 

26.

過去の栄光を思い、感傷に浸らないこと。

見えない未来を夢見て、空想にふけらないこと。

一瞬一瞬を噛み締めながら、今この時間を過ごすこと。

 

27.

誰かの記憶に残れることは、とても幸せなこと。

 

28.

大きな問題が発生した時はとにかく皆で話し合う。

一人で悶々とするよりも、よっぽど早く解決する。

 

29.

どうにもならないことだってある。

早く見切りを付け、受け入れれば無駄な苦労をしなくて済む。

 

30.

あなたが適当だと思う問題解決法はすでに誰かが試し、

ボツになったものであることが多い。

 

31.

深い眠りは、天国からの贈り物。

 

32.

あなたが重要な存在なら、

人々はあなたのために時間を作る。

 

33.

不本意かもしれないが、

愛、平和、調和のために努力しなきゃいけない時がある。

 

34.

怒っている人には対抗しないで

優しい言葉を投げかける。

 

35.

自分以上に自分を愛せる人はいない。

 

36.

変化を喜び、受け入れ、利用する。

 

37.

笑顔としかめっ面。

印象が良いのはどっち。

 

38.

静けさこそ、心の傷を癒す一番の特効薬。

 

39.

1度に2歩進もうとするな。1歩ずつ着実に進め。

それが成功の近道だ。

 

40.

気に入らないと文句を言うなら自分が気に入る世界を作れ。

その過程は、きっと最高に楽しい。

 

41.

すべての出来事が起こるには、理由がある。

大抵の場合、意外な理由だ。

 

42.

どんなに強く願っても実現できないことはある。

しかし、常にポジティブであればより良い道が開けるはずだ。

 

43.

率先してリスクが大きいものを選ぼう。

そんなチャンスは2度とこないかもしれない。

 

0 コメント

謙虚に生き続けましょう

私たちは、毎日の生活に捉われすぎるあまり、人生の中の美しさに目をやることを忘れてしまっています。

ゾンビのように生きているのです。

上を見上げてヘッドホンを取り外してください。

目が会った人に挨拶をしたり、辛そうに見える人にハグをしてあげてみるのもいいかもしれません。

 

誰かを助けるのです。

毎日を人生で最期の日であるかのように生きてください。

数年前、私はうつになっていましたが、決して他の誰にも言わなかったのでこのことは誰も知らず、うつから自分で脱出する方法を見つけなければなりませんでした。

私が幸せになるのを妨げていたのは、私自身でした。

 

いま、一日、一日が貴重ですから、毎日を貴重な日として生きましょう。

明日がある保証などないのですから、今日を生きましょう!

ほとんどの人は私のことを知っていますが、私の人生については知りません。

 

私が3歳の時、私の父親が家を出て行くのを見ました。

高校は4つの違う学校に通いましたが、失読症のためにほとんどの他の人たちよりももっと教育を受けるのが難しくて苦労しました。

23歳の時、一番仲のよかった親友のリバー・フェニックスが麻薬のオーバードースで死んでしまいました。

1998年にはジェニファー・サイムと出会い、お互いに一目で恋に落ちました。

1999年にジェニファーが女の子を妊娠しました。

しかし悲しいことに、8ヵ月後には私たちの子供は死産となりました。

彼女の死で私たちはあまりにもひどく落胆し、これが原因で最終的には私たちの関係は終わってしまいました。

それから18ヵ月後、ジェニファーは交通事故で亡くなりました。

その後は真剣な交際や子供を持つことを避けるようになりました。

私の妹は白血病でしたが、今は治っています。

 

マトリックスシリーズの映画から得た収入の70%を白血病患者を扱う病院に募金しました。

ハリウッドのスターの中でも豪邸に住んでいないのは私くらいなものでしょう。

ボディガードもいませんし、高級な服も着ていません。

私は1億ドル(100億円)相当のスターだそうですが、今でも地下鉄に乗っていますし、大好きなんですよ!

 

結局は、どんな悲惨な状況の中でも素晴らしい人は力強く生きることができる、ということには誰もが同感できることかと思います。

あなたの人生で何が起きていようとも、あなたはそれを乗り越えることができます!

人生は生きる価値のあるものです。

あなたの人生の中で苦労したすべてのことのおかげで、今のあなたの存在があります。

苦難の時はあなたを強くするだけなので、そんな時には感謝しましょう。

 

私の友人の母親は、一生を通して健康的なものを食べてきました。

アルコールや「体に悪い」食べ物は決して口にせず、毎日運動をし、体は非常に柔軟で、とても活動的で、医師が薦めるサプリメントは全部摂り、太陽に当たる時は必ず日焼け止めを塗り、また日光に当たる場合も可能な限り短時間で済ませていました。

つまり誰もが考えうる限り最大限で健康に留意していたのです。

 

彼女は今76歳でガンと骨髄のガンになり、非常に深刻な骨粗しょう症になっています。

その一方、私の友人の父親は大量のベーコン、バター、脂肪を食べ、運動など本当に一切したことなく、夏になるたびに真っ赤になるまで日焼けするなど、他人の指図には耳を貸さずに人生を最大限に生きるような生き方をしたわけです。

彼は81歳で、医師曰く、彼の健康状態は若者レベルだと言います。

毒からは完全に逃れることは出来ません。

毒はあちこちにあり、あなたを見逃さないでしょう。

まだ生きている私の友人の母親は

「私の人生がこんな風に終わるのなら、したらいけないと言われていたこと全部をやって、人生をもっと楽しむ生き方を選んでいたのに!」

と言っていました。

 

この世を出る時に生きたままの人はいませんから、どうかあなた自身を真剣に考えすぎた上で扱うのは止めてください。

おいしい物を食べましょう。

太陽の下を歩きましょう。

海に飛び込みましょう。

あなたは自分の心を隠された宝物のように運んでいる、というのが真実です。

馬鹿げたことをやりましょう。

優しく生きましょう。

 

人生にはその他のために使う時間なんてないのですから。

私は尊敬の念を見せるように育てられました。

ドアを開ける前にはノックをするように教えられました。

部屋に入る時は挨拶をするように。

そしてお願いします(please)、とありがとう(thank you)を言うように。

自分よりも年上の人には尊敬の念を払うように教えられました。

私が席に座っていて、他の誰かが席を必要としているなら席を譲ります。

返事は「イエス、サー」か「ノー、サー」と答え、誰かが助けを必要としている時は、横に立って眺めているだけじゃなくて手を差し伸べます。

自分の後ろに入ってくる人のためにドアを押さえ、必要な時は「すいません」と言います。

 

人を愛するのは、その人から自分が何かを得ることが出来るから愛するのではなく、その人の人となりを愛します。

そして何よりも大事なのは、自分が他人からされたい扱いを、自分も他人に行うよう育てられたということです。

それが尊敬というものです。

 

あなたの自宅がどれだけ大きくても、乗っている車がどれだけ見栄えがよくても、銀行口座の残高がどれだけ大きくても関係ありません。

私たちの墓(死)は皆同じです。

謙虚に生き続けましょう。

 

キアヌ・リーブス

 

0 コメント

人生を大きく変える秘訣

◆「感謝」

感謝をするようになると、

毎日が楽しくなります。

自分だけではなく、

周りの人も幸せにする力を持っています。

感謝のあるところに、

人の信頼関係が生まれます。

 

 

◆「感動」

感動すると、人は動きます。

それは、感動が

理性ではなく魂に響くからです。

感動の多い人は、人に好かれます。

感動は、感じたままに動く人に

よく起こります。

 

 

◆「涙」

涙は、どんな苦しみや悲しみも

浄化してくれます。

涙を流すと、心が晴れてきます。

感情は、形にすると解消されます。

涙は、もっとも純粋で

高貴なストレス解消法です。

 

 

◆「喜び」

喜びこそが、エネルギーです。

本当の喜びとは、

一人で味わうものではありません。

みなと共感する時、

大きな喜びが生じます。

その為には、人を喜ばして下さい。

人を喜ばす喜びを知った人は、

幸せな人です。

 

0 コメント

人と社会に貢献する生き方

親孝行とは何でしょうか。

 

親孝行とは、親を敬い、大切にし、真心を持って尽くすことを言います。

 

たとえば、生活に困る親に仕送りをしたり、年老いた親を介護したりなどです。

 

どれも、親孝行として代表的な行動です。

 

しかし、本当の親孝行となると、もっと奥の深い話になります。

 

本当の親孝行は、何でしょうか。

 

これは、あなたが親になったとき、わが子が自分に何をしてほしいかを想像すれば、分かります。

 

おそらく、欲深いことは考えないはずです。

 

「大きく育ったから、これまで費やした養育費を返せ」と言わないでしょう。

 

「年を取ったから、自分を看病しろ」と、強制することもないでしょう。

 

おそらく一番願うことは、立派な社会人として育つことです。

 

わが子が立派に成長して、人と社会に貢献することを、最も願うはずです。

 

自分の産んだ子が、社会の中で立派に生きていることは、親として一番嬉しいことです。

 

つまり、本当の親孝行とは、人と社会に貢献する生き方をすることです。

 

親が死ねば、もう親孝行できないかというと、そうではありません。

 

親が死んでからも、親孝行ができます。

 

親からいただいた命を、最期の最期まで、人と社会のために最大限生かすことです。

 

立派に仕事をするわが子を見れば、亡くなった親も、天国で誇らしく思うでしょう。

 

一生懸命に生きるのです。

 

だらだら生きるのではなく、人と社会のためになる生き方をすることです。

 

 

*ついつい伝えたくなる深イイ話より

 

0 コメント

六験 八観

【六験】

①之を喜ばしめて、もってその守を験(ため)す→喜ばせて、節操の有無をはかる

②之を楽しましめて、もってその僻を験す→楽しませて、偏った性癖をはかる

③之を怒らしめて、もってその節を験す→怒らせて、節度の有無をはかる

④之を懼(おそ)れしめて、もってその特(独)を験す→恐れさせて、自主性の有無をはかる

⑤之を哀しましめて、もってその人を験す→悲しませて、人格をはかる

⑥之を苦しましめて、もってその志を験す→苦しませて、志を放棄するかどうかをはかる

 

【八観】

①貴(たか)ければ、その進むる所を観る→出世したら、どんな人間と交わるかを観る

②富めば、その養う所を観る→豊かになったら、どんな人間を養うかを観る

③聴けば、その行なう所を観る→善いことを聞いたら、それを実行するかを観る

④習えば、その言う所を観る→習熟したら、発言を観る

⑤止(いた)れば、その好む所を観る→一人前になったら、何を好むかを観る

⑥窮すれば、その受けざる所を観る→貧乏になったら、何を受け取らないかを観る

⑦賤(せん)なれば、その為さざる所を観る→落ちぶれたら、何をしないかを観る

⑧通ずれば、その礼する所を観る→昇進したら、お礼を仕事で返すかどうかを観る

 

 

 

 

【六験】

喜ばせて、節操の有無をはかる

楽しませて、偏った性癖をはかる

怒らせて、節度の有無をはかる

恐れさせて、自主性の有無をはかる

悲しませて、人格をはかる

苦しませて、志を放棄するかどうかをはかる

 

【八観】

出世したら、どんな人間と交わるかを観る

豊かになったら、どんな人間を養うかを観る

善いことを聞いたら、それを実行するかを観る

習熟したら、発言を観る

一人前になったら、何を好むかを観る

貧乏になったら、何を受け取らないかを観る

落ちぶれたら、何をしないかを観る

昇進したら、お礼を仕事で返すかどうかを観る

 

0 コメント

難しいことなど、ひとつもない

友を失ったのなら、新しい友を作ればいい。

 

愛を失ったのなら、誰かをまた愛せばいい。

 

信頼を失ったのなら、信頼できる人を探せばいい。

 

希望を失ったのなら、再び目指すものを探せばいい。

 

絶望したのなら、再び夢を描けばいい。

 

安らぎを失ったのなら、安らぐ場所に行けばいい。

 

正義を失ったのなら、自らが正義を貫抜けばいい。

 

公明さを失ったのなら、不正を正せばいい。

 

民主主義が失われたのなら、再び取り戻せばいい。

 

平和を失ったのなら、争いをやめればいい。

 

そして、疲れたのなら、少し休めばいい。

 

難しいことなど、ひとつもない。

 

0 コメント

教え

【子育て】

乳児はしっかり 肌を離すな

 

幼児は肌を離せ 手を離すな

  

少年は手を離せ 目を離すな

 

青年は目を離せ 心を離すな

 

  

【成長】

小学生は暗くなる前に帰りなさい。

 

中学生は暗くなったら帰りなさい。

 

高校生は日付が変わる前に帰りなさい。

 

大学生は盆と正月くらいは帰りなさい。

 

大学院生は帰れる家があることに感謝しなさい。

 

社会人になったら、子どもが安心して

帰ってこれるような家を、

今度は自分がつくれるようにしなさい。

 

0 コメント

露地庭の石のごとく

 

 江戸時代の大名であり、茶の名人であった

 桑山左近に、興味深い逸話があります。

 

 あるとき、桑山左近が、

 見事な石を手に入れました。

 そこで、その石を

 茶室の庭の入口に置いたところ、

 ある来客が、

 「あの露地の入口の石はまことに立派である」と

 その石を褒めたそうです。

 

 しかし、その褒め言葉を聞いた桑山左近は、

 少しも喜ばず、

 その来客が帰るなり、

 その石を他の場所へ移してしまいました。

 

 その理由を問われた桑山左近は、

 次のように答えたと伝えられています。

 

 

 露地庭の石というものは、

 決して目立つことなく、

 しかし、そこをすっと通って来る間に

 気持ちが静まり、浄められるものでなければならない。

 

 

 この逸話は、

 茶の精神における

 庭石のあり方について述べたものですが、

 人間のあり方について述べたもののようにも思えます。

 

 

 決して目立つことなく、

 しかし、そばにいるだけで、

 気持ちが静まり、浄められる。

 

 

 そうした人物が、

 我々の周りにもいます。

 

 しかし、静寂を失った我々の精神は、

 その露地庭の石に、

 決して気がつかないのです。

 

 

 田坂広志

 

0 コメント

自分らしく生きていく言葉

1、嫌いな人をきらうより大好きな人を愛したい。

悪い噂話なんかするより嬉しい事楽しいことを話たい。

そういう時間を多くして生きたい。

大切な時間を大切に、大切な人を大切に。

きっとそうする事で、自然と自分の事も好きになれるよ。

仲間や恋人、自分の事もいっぱい愛してあげよう。

 

 

 

2、「嫌われてもいいや」

「軽蔑されてもいいや」

「笑われてもいいや」

「馬鹿にされてもいいや」

「見下されてもいいや」って思えるようになるとどんどん楽しく、

楽になってくる。

自分がどう思われているか、っていうことを考える時間を、

丹念に減らしていくことがどうやら大事らしい。

 

 

 

3、ありがとうって言える素直さが欲しい。

助けてって言える勇気が欲しい。

ごめんねって言える潔さが欲しい。

悲しいとき、涙を流せる弱さが欲しい。

本当は弱いのに強いフリをするのをやめたい。

 

0 コメント

掃除のススメ

1. 謙虚な人になれる

どんなに才能があっても、傲慢な人は人を幸せにすることはできない。

人間の第一条件は、まず謙虚であること。

謙虚になるための確実で一番の近道が、掃除です。

 

2. 気づく人になれる

世の中で成果をあげる人とそうでない人の差は、無駄があるか、ないか。

無駄をなくすためには、気づく人になることが大切。

気づく人になることによって、無駄がなくなる。

その「気づき」をもっとも引き出してくれるのが掃除です。

 

3. 感動の心を育む

感動こそ人生。

できれば人を感動させるような生き方をしたい。

そのためには自分自身が感動しやすい人間になることが第一。

人が人に感動するのは、その人が手と足と体を使い、さらに身を低くして一所懸命取り組んでいる姿に感動する。

特に、人のいやがる掃除は最良の実践です。

 

4. 感謝の心が芽生える

人は幸せだから感謝するのではない。

感謝するから幸せになれる。

その点、掃除をしていると小さなことにも感謝できる感受性豊かな人間になれます。

 

5. 心を磨く

心を取り出して磨くわけにいかないので、目の前に見えるものを磨く。

特に、人のいやがるトイレをきれいにすると、心も美しくなる。

人は、いつも見ているものに心も似てきます。

 

 

気づくとは、一歩を踏み出す勇気、気づいたことをサッとする実践力。

 

謙虚な人になれるとは、好かれる人になることすると、あと味のいい人生を送れる、

一流のものはすべてあと味がいい。

 

感動・感謝とは、小さなことに感謝できるようになる。

言葉より感動、感動より実践 (坪内逍遥)。

 

心が磨かれるとは、迷いがなくなること、迷いがあるのが人生。

毎朝、掃除をすると迷いがなくなる、すると度胸が出てくる。

 

0 コメント

愛の反対は、憎しみではなく無関心

愛とは何か。

 

それは無関心の反対だから、関心を持つこと。

 

そのためには、

挨拶や日頃のコミュニケーションが大事ということです。

 

0 コメント

本気でするから人生が面白くなる

他人に左右されないで

信じる道は自分で選ぶ。

 

たとえその道が険しくても

自分で選んだ道ならば

自信を持って進むことができる。

真剣だと知恵が出る。

 

中途半端だと愚痴が出る。

 

いい加減だと言い訳が出る。

 

本気でするから「悔しい」

を知ることができる。

 

本気でするから「楽しい」

を知ることができる。

 

本気でするから

人生が面白くなる。

 

0 コメント

信念の力

もしあなたが負けると考えるなら、

あなたは負ける。

 

もしあなたがもうダメだと考えるなら、

あなたはダメになる。

 

もしあなたが勝ちたいと

思う心の片隅でムリだと考えるなら、

あなたは絶対に勝てない。

 

もしあなたが失敗すると考えるなら、

あなたは失敗する。

 

世の中を見てみろ、

最後まで成功を願いつづけた人だけが

成功してるではないか。

 

すべては「人の心」が決めるのだ。

 

もしあなたが勝てると考えるなら、

あなたは勝つ。

 

「向上したい」「自信をもちたい」と、

もしあなたがそう願うなら、

あなたはそのとおりの人になる。

 

さあ、再出発だ。

 

強い人が勝つとは限らない。

すばしこい人が勝つとも限らない。

「私はできる」そう考えている人が

結局は勝つのだ!

 

 

*ナポレオン・ヒル

 

0 コメント

あなたは価値ある存在

「光」から学習機会を認められたからこそ(人間として学習するに値する存在だからこそ)、人生という修行を受けることが出来ているのです。

 

ほかの人間たちから認めてもらわなくても、もうすでに、私(光)がお前を認めているではないか。

だからこそ、お前は生れてきたのではないか。

 

その、私(光)に認められているという喜び、生れてくることができたという誇りを、忘れないでいなさい。

 

その喜びと誇りさえあれば、もう十分ではないか。

なぜお前は、そのうえに、さらに他人に認めて貰うことなどを、求めようとしているのか。

 

0 コメント

いまを活きる

どれだけ願っても、

どれだけ悔やんでも、

変えられないものがある。

 

それは「過去」

人は間違いを犯すし、

後悔だってする。

 

だけど、